資金10万円でメキシコペソ/円をFX運用するとどれくらい稼げるのか

 

メキシコペソ/円は、スワップ運用の投資先として人気を集めつつある高金利通貨ペアです。

 

実際に私はトレイダーズ証券の『みんなのFX』口座で運用をしており、着実に口座残高が増えてきています。

 

FX投資はスワップ運用でも裁量トレードでも自動売買でも、運用資金が多ければ多い程稼ぎやすいというのが事実。

 

運用資金は10万円よりも100万円あったほうが安全に稼ぐことができます。

 

ですがこのページでは、とりあえず資金10万円からスワップ運用をスタートするとどれくらい稼げるのかを検証していきます。

 

メキシコペソ/円は、他の通貨ペアと比べても値動きの変動率は低くポジションを保有している時のスワップポイント値が高いので、投資初心者でも運用しやすいと思います。

余剰資金の運用に興味がある方は、当ブログで毎週公開している検証結果とともに参考にしてみてください。

メキシコペソ/円 運用実績カテゴリーへ

資金10万円での適正な保有ポジション量は?

2019年11月時点でのメキシコペソ/円の価格は5.55~5.65円といったところ。

 

計算しやすいようにここでは1ペソ=5.50円として進めていきます。1ペソ=5.50円ということは1万ペソ買うために必要なお金は5万5千円。

  • 5.50円×10,000ペソ=55,000円

 

国内FX会社を通して運用する場合は25倍レバレッジをかけることができるので、実際は2,200円あれば1万ペソ分のポジションを保有することが可能。

  • 55,000円÷レバレッジ25倍=2,200円

 

資金10万円あれば約45万ペソ買えるのですが、この計算は証拠金のみの必要資金を算出しただけなので、資金10万円で約45万ペソも買ってしまうと少しでもメキシコペソ/円の価格が下がってしまうと強制ロスカットされてしまい資金が全て無くなってしまいます。

 

メキシコペソ/円の価格が下がっても強制ロスカットされないように、適切な実質レバレッジをかける必要があります。

 

レバレッジについては以下のページで解説しているので参考にしてみてください。

 

結論としては、安全に運用するためには名目上25倍かけられるレバレッジですが実質はレバレッジを3倍程度で考えておいたほうが良いので、1万ペソにつき約2万円は用意して運用することを推奨します。

 

つまり、資金10万円での適正な保有ポジション量は5万ペソまでという計算になります。

5万ペソを10年間保有した場合の利益シミュレーション

資金10万円スタートで5万ペソを買って10年間運用した場合、どれくらいのリターンを得ることができるかのシミュレーションしてみました。

 

  • 値動きによる損益はノーカウント
  • 2万円分のスワップが貯まった時点で1万ペソ追加購入
  • 2019年11月時点での『みんなのFX』スワップポイント値で算出(1日12円)
  • 1年365日で計算

 

貰えるスワップポイント値は変動するので、計算通りのスワップを獲得できるとは限りませんが、メキシコペソ/円のスワップポイント値は1日あたり10~16円を行ったり来たりしている水準です。

 

FX会社によって貰えるスワップポイント値に違いがありますが、2018年8月時点では他のFX会社のほうが高くなっていますが『みんなのFX』は平均して高く設定されている模様。

 

相場が超大暴落したりせずシミュレーション通りに上手くいけば、10万円運用すれば10年後には1年間で約10万円稼いでくれるお金のなる木の完成です。

為替差益も取り入れて運用するべき

資産10万円をFX口座に突っ込んで、貯まったスワップポイントで新たにメキシコペソ/円を買っていくだけで、10年後には年間約10万円稼げるようになる結果になることが分かったと思います。

 

今回は10万円10年で検証しましたが、運用資金が多ければ多い程・運用年月が長ければ長い程複利の力が強まっていきます。

 

上記の通り、スワップ運用だけでもそれなりに稼げはするのですが、お金を突っ込んでポジションを保有し続ける手法だけではなく、値が下がったら買って値が上がったら売るという手法も取り入れたほうがより効率良く稼ぐことができると見ています。

 

メキシコペソ/円は、他の通貨ペアと比べても値動きの変動率は低くポジションを保有している時のスワップポイント値が高いという利点を活かして、値が上がったら売り値が下がったら塩漬け状態にしてスワップを貰いながら耐えるという戦略。

 

メキシコペソ/円の史上最安値は2016年11月につけた4.87円。実質レバレッジ3倍(1万通貨=約2万円用意)で買えば史上最安値を下回っても強制ロスカットされることはありません。

 

私は『値が上がったら売り・値が下がったら塩漬け状態』戦略を取り入れてメキシコペソ/円を運用しています。

 

メキシコペソ/円スワップ利益シミュレーションまとめ

メキシコペソ/円は、他の高金利通貨である南アフリカランド/円やトルコリラ/円と比べても値動きの変動率は低いので、値動きに一喜一憂することなく落ち着いて運用することができます。

 

ポジションを保有している時のスワップポイント値が高いという利点を活かして、値が上がったら売り値が下がったら塩漬け状態にしてスワップを貰いながら耐えるという戦略が効率的です。

 

当ブログでは、スワップと為替差異の両方で利益を出していくのを目的として、『メキシコペソ/円』の運用を検証して結果を毎週公開しています。

 

会社の給料以外に副業感覚でお金を稼ぎたいという方や、将来的には会社を辞めてセミリタイアを目指したいという方は参考にしてみてください。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング