【1月1週目】メキシコペソ/円のFX運用実績をブログで公開

 

高金利通貨として人気のある『メキシコペソ/円』をFX投資することで、年間いくら稼ぐことができるのかを検証しています。

 

FX業者によって設定されているスワップポイント値は異なりますが、メキシコペソ/円の通貨ペアの買ポジションを保有しておくだけで1万通貨あたり1日約10円程(LIGHT FX)のスワップが貯まっていきます。

 

メキシコペソ/円のスワップ運用に興味がある方は参考にしてみてください。

 

メイン通貨ペア運用設定(メキシコペソ/円のロング)

  • 運用方針:裁量&成行
  • 保有数量:1ポジションあたり5万通貨
  • 利確幅 :0.01~0.03円(500~1500円の利益)
  • 注文上限:6円
  • 注文下限:口座資金次第

 

サブ通貨ペア運用設定(スイスフラン/円のショート)

  • 運用方針:0.3円刻みで0.1万通貨ずつ売り上がっていく
  • 注文幅 :0.3円以上
  • 利確幅 :0.5円(500円の利益)
  • 注文上限:口座資金次第
  • 注文下限:109円

 

今週の値動きと来週の見通し

 

去年の1月3日に発生した大暴落(フラッシュクラッシュ)が今年も起こる可能性を示唆されていたのですが、今年は値が飛ぶような暴落は発生しませんでした。

 

ですが、アメリカがイランの司令官を殺害したことにより、為替相場が全体的にリスクオフに傾いています。

 

他のクロス円同様、ペソ円も例にもれず値を下げています。

 

8月後半から乗っていた上昇トレンドラインは明確に下抜けてしまったので、今後は10月前半からのトレンドラインを意識する必要がありそうです。

 

テクニカル的には来週も値を下げそうな展開ですが、なんとかトレンドラインと移動平均線あたりでサポートされれば、週末からは上昇に転ずるかもしれません。

 

ということもあり、1月2週目の想定レンジは下限5.65円~上限5.75円と予想します。

 

土日に中東情勢関連のネガティブなニュースが報じられた場合は、週明け月曜日に下窓を開けての下落スタートとなるかもしれません。

為替差益&スワップ 収支報告

※メイン・サブの合計

 

1月1週目の運用実績

  • 為替差益:1,500円
  • スワップ:107円
  • 利益合計:1,607円
  • 評価損益:-12,075円

 

1月1週目の損益合計は+1,607でした。

 

今年からは、去年までの『少額ナンピン買い下がり』手法から別の手法に切り替えて運用をスタートしています。

 

去年までの手法に大きな欠点があったから変更するのではなく、ボラティリティが低い通貨ペアに最適な運用方法を模索・検証するためです。

 

ペソ円はスプレッドが狭い(トレイダーズ証券では)ので短期売買でイケるかもしれません。

 

新しい手法が起動に乗り次第、別ページで内容をまとめようと思っています。

 

ちなみに、ボラティリティが高いランド円は今年も『少額ナンピン買い下がり』手法を継続します。

 全通貨ペア ポジション保有状況

※FX口座:LIGHT FX

 

【メキシコペソ/円(買)】ポジション保有状況

  • 保有通貨量:10万通貨
  • 評価損益 :-5,600円

【スイスフラン/円(売)】ポジション保有状況

  • 保有通貨量:0.7万通貨
  • 評価損益 :-6,475円

 

この口座では、メキシコペソ/円(ロング)をメイン通貨ペア・スイスフラン/円(ショート)をサブ通貨ペアとして運用しています。

 

ペソ円とある程度相関関係がありショートでポジションを保有していてもマイナススワップが発生しない通貨ペアを、サブとして空売り保有しています。

 

複数の通貨ペアを保有すると強制ロスカットまでの値幅が正確に計算しにくくなりますが、同じような動きをすることが多い通貨ペアをロングとショートに分けておけば、お互いに足を引っ張り合うことは無いと考えています。

口座残高と含み損益(2020/1/4時点)

 

1月1週目終了時点での口座状況

  • 証拠金維持率:2,163.09%
  • 口座残高:1,180,059
  • 評価損益:-12,075円
  • 純資産額:1,167,984

 

安全目安としている証拠金維持率500%以上をキープしているのででまだまだ余裕です。

 

ペソ円が5.0~6.0円の範囲であれば、1万通貨あたり約2万円程見積もって口座残高を管理することによって、強制ロスカットを回避できる可能性が高まります。

現時点での強制ロスカットライン見積り

トレイダーズ証券株式会社の証拠金シミューレションを使えば、現時点での強制ロスカットラインを見積もることができます。

 

メキシコペソ/円の過去最安値は2016年につけた4.87円。

 

私の今の口座状況であれば、ペソ円の値がどれだけ値が下がっても強制ロスカットされません。

 

むしろ空売りサブで保有しているスイスフラン/円の含み損のほうが膨らんでいる状況ですが、ペソ円が下がればフラン円も下がるので問題ないと見ています。

 

ペソ円は為替変動リスクが低い通貨ペアとも言われており、過去最安値から1円以上の余裕を持たせておくことで強制ロスカットされる可能性は低くなります。

 

今後の運用方針

  • できるだけ為替チャートを見ない
  • 今年からは今までの『少額ナンピン買い下がり手法』から別の手法(名称思案中)に切替検証中

 

 

会社の給料以外に副業感覚でお金を稼ぎたいという方や、将来的には会社を辞めてセミリタイアを目指したいという方は、このような稼ぎ方もある程度に参考にしてみてください。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング