【3月2週目】FX南アフリカランド/円投資で資産はどれだけ増えるか検証

【3月2週目】南アフリカランド/円のFX運用実績をブログで公開

 

FXの高金利通貨ペアとして人気のある『南アフリカランド/円』を運用する検証をしています。

 

FX業者によって設定されているスワップポイント値は異なりますが、南アフリカランド/円の通貨ペアの買ポジションを保有しておくだけで1万通貨あたり1日約15円程(ヒロセ通商)のスワップが貯まっていきます。

 

南アフリカランド/円のスワップ運用に興味がある方は、私の運用方法を参考にしてみてください。

 

メイン運用設定(南アフリカランド/円)

  • ポジ数量:1万通貨ずつ買う
  • 注文幅 :0.01円以上
  • 利確幅 :0.05円(500円の利益)
  • 注文上限:日足チャート移動平均線(200日)まで
  • 注文下限:予算次第

 

現在の運用戦略は以下のページで解説しています。

週間損益集計

※FX口座:ヒロセ通商

 

2020年3月2週目

  • 売買差益:0円
  • スワップ:+9,450円
  • 利益合計:+9,450円

 

3月2週目の利益合計は+9,450円でした。今週は価格差益狙いの取引を一旦中止しています。

 

コロナショックやオイルショックの影響で、株や為替が乱高下する一週間になりました。

 

リスクオフの円買いに伴う米ドル円の下落に巻き込まれる形で、ランド円が史上最安値である6.4円を更新し、一時は6円を下回るところまで暴落しました。

 

来週以降しばらくは新たなロング注文は控えて、1万通貨あたり1日15円のプラススワップ(インカムゲイン)を貰って反転上昇してくるまでひたすら耐えぬくしかなさそうです。

 

米ドルの政策金利が緊急に大幅利下げされたので、他国の政策金利も下げてくる可能性が非常に高く、南アフリカの政策金利もほぼ確実に下がると想定されています。

月間損益集計

 

2020年1月集計

  • 価格差益:37,845円
  • スワップ:10,155円
  • 利益合計:48,000円

2020年2月集計

  • 価格差益:46,000円
  • スワップ:14,595円
  • 利益合計:60,595円

2020年3月集計

  • 価格差益:18,500円
  • スワップ:24,525円
  • 利益合計:43,025円

 

1月の利益トータルは、目標としていた月5万円にギリギリ届きませんでしたが、保有数量が少なくスワップで稼げなかった月だったことを踏まえると悪くない結果でした。

 

2月の利益トータルは、目標の5万円を突破して6万円の大台に乗せました。ランド円を含むクロス円がかなり下落しており、どこまで追いかけるかによって3月のキャピタルゲインに影響が出そうです。

 

3月は、すでに3万円を突破しておりハイペースで利益が出ています。しかしながら、史上最安値をあっさりと更新してしまうほど下落しているため、しばらくは新たなロング注文は入れずに反転上昇してくるのを待ったほうが無難。

 

今から仕込める人にとっては絶好の買い場とも言えます。

 

現在の運用設定が上手く機能すれば、年間トータル60万円以上の利益が出ると思っています。

 全通貨ペア ポジション保有状況

※1LOT=1,000万通貨

 

【南アフリカランド/円(買)】ポジション保有状況

  • 保有通貨量 :90万通貨
  • 平均約定価格:7.34円
  • 評価損益  :-619,780円

 

ランド円は値動きが激しい通貨ペアなので、しっかりと資金管理をしたうえで少額で買い下がっていけば、大暴騰時に大きな利益を得ることができます。

 

口座に約250万円入れておけば100万通貨分は比較的安全に保有できると思っていたのですが、ランド円の史上最安値である6.4円をあっさりと下回ったため、マイルールの安全下限ラインを引き下げる必要性が出てきました。

 

保有リミットに達した後は、なるべく新たな注文は控えるようにしてスワップを貰いながら値が上がってくるまでひたすら耐える戦略です。

 

計算方法

  • 25,000円(1万通貨あたりの予算額)-3,000円(必要証拠金)=22,000円
  • 22,000円÷10,000通貨(通貨量)=2.2円(耐えられる値幅)
  • 7.5円(ランド円想定値)-2.2円=5.3円(強制ロスカットライン)
  • 5.9円(ランド円の過去最安値)-5.3円=0.6円(本来は過去最安値から1円以上の余裕は持っておきたい)
  • 2,500,000円÷25,000円=100万通貨

口座状況

 

2020年3月2週目終了時点

  • 有効比率:820.57%
  • 口座残高:2,835,341
  • 評価損益:-619,780
  • 純資産額:2,215,561

 

ついに有効比率(証拠金維持率)が1,000%を下回るところまで下落しています。

 

ランド円は短期間で急降下することがよくあるため、資金なき状態での無茶な深追いは禁物です。

 

強制ロスカットだけは絶対に避けなくてはいけないので、資金管理を徹底したうえで追加入金できる余裕資金を別途用意しておくべきです。

現時点での強制ロスカットライン見積り

 

計算方法

(有効証拠金-必要証拠金)÷通貨数量=強制ロスカットライン値幅

口座状況

  • 口座残高 :2,835,341
  • 保有通貨量:900,000通貨(ランド円のみ)
  • 必要証拠金:270,000円
  • 含み損  :-619,780
  • 有効証拠金:2,215,561
  • 今週末のランド円値:6.65円

 

  • (2,215,561-270,000円)÷900,000通貨=2.16円
  • 6.65円-2.16円=4.49円
  • 強制ロスカットされる値=4.49円

 

私の現時点の口座状況であれば、ランド円が4.49にまで下がったら強制ロスカットされる計算。

 

南アフリカランド/円の過去最安値は2020年3月につけた5.87円(ヒロセ通商チャート参照)

 

南アフリカランド/円は値動きが激しい通貨ペアなので、まとまった資金を用意できるまでは指値注文を多く入れすぎないほうが無難。

 

南アフリカランド/円等の新興国通貨は、強制ロスカットラインを過去最安値から1円以上(4.87円)の余裕を持って積み立てていくべきです。

 

来週以降の南アフリカランド/円運用戦略

3月2週目終了時点のランド円チャート(LION FX)

 

新型コロナウイルスやオイルショック関連の報道で、リスクオフの円買いドル買いに勢いがつき高ボラティリティな週でした。

 

週初にランド円が5.87円まで下落したことで、これまでの最安値であった6.4円を大幅に更新しています。

 

過去最安値であった6.4円付近を下値のメドとしてロングポジションを保有していた人達の強制ロスカット売りが売りを呼び、あれよあれよと1ランド6円をあっさり下に突き破ってしまいました。

 

新型コロナウイルスが収束するまでは買い控えたほうが無難かもしれませんが、今から仕込み始める人にとってはチャンス!?

 

来週の運用戦略

  • 新型コロナ関連の報道が収束するまでは静観しておいたほうが無難。

 

会社の給料以外に副業感覚でお金を稼ぎたいという方や、将来的に会社を辞めてセミリタイアを目指したいという方は参考にしてみてください。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました