【5月第2週目】自動売買FXトラリピ運用実績

 

FXトラリピ自動売買で運用している設定方法や取引状況を公開しています。FXによる資産運用に興味がある方は参考にしてみてください。

今週の運用実績

2019/5/6~5/11(5月2週目)の間、マネースクエアのFX自動売買トラリピで運用した結果は以下の通り。

  • 確定損益:+14,830(±スワップ分を含めると+14,371円の利益)
  • 含み損益:-670,026円

 

今週末(2019年5月12日時点)の口座状況は以下の通り。

 

トラリピ取引を開始してから43週間が経過(2018年7月3週目~)

  • 現金残高  :5,066,880円(口座反映前損益含む)
  • 口座入金額 :3,800,000円
  • 確定損益合計:+1,266,880円
  • 評価損益  :-670,026円
  • 週平均利益 :約+29,000円
  • 月平均利益 :約+120,000円

先週の運用実績

2019/4/29~5/4(5月1週目)の運用実績は以下の通りでした。

  • 確定損益:+14,127(±スワップ分を含めると+14,127円の利益)
  • 含み損益:-567,938円

 

先週末(2019年5月5日時点)の口座状況は以下の通り。

月間利益と含み損推移

※表は±スワップ分除く

今週末時点でのトラリピ設定内容

  • 取引通貨ペア:NZドル/米ドル(売)
  • 本数    :合計22本
  • 通貨量   :1本あたり0.2万通貨

 

現時点でのトラリピ設定は以下の通り。2019/5/6~5/11(5月2週目)は設定レンジ範囲内を下抜けたので、新たに10pips分追加しました。

 

私のトラリピ戦略

 

  • 最安値・最高値を基準にトラリピ設定追加
  • 取引通貨ペア選定は週末のみ
  • 取引通貨ペアを変更しても旧トラリピ設定は取り消さない
  • 本数・通貨量は予算額に応じて1回につき最大10pips制限で追加
  • 今までに設定したトラリピ予算額を口座残高から差し引いた額から計算して設定追加
  • ポジションを保有していないトラリピ設定から20pip以上離れた場合は一旦設定解除
  • ポジションを保有しているトラリピ設定は解除しない
  • 各設定の予算額はマネースクエアの『らくトラ運用試算表』で計算
  • 設定追加予算額が不足している場合は追加せずに次回の入金時まで放置

 

自身がトラリピ設定する時点で最も最安値までに近い通貨ペアで買ポジションを保有していき、最も最高値までに近い通貨ペアで売ポジションを保有します。

 

例外として、トルコリラ/円と南アフリカ円は2000年以降の値が下がりっぱなしなので対象外としています。

 

自身の口座残高額で取れるポジション量を事前に計算してから、1回につき最大10pips制限で設定を増やしていくという、かなり守りに入っている方法でトラリピ検証します。

 

設定したレンジ幅をどちらかに抜けた場合は、抜けた方向(相場が下に抜けた場合は買ポジション設定のほう)の今までに設定した予算額を口座残高から差し引いた額から取れるポジション量を計算してから、1回につき最大10pips制限で設定を増やしていく流れ。

 

予算が無くなった場合は、次の入金または値が戻ってくるまで放置します。事前に一気に取引レンジを設定してしまわない点と、通貨ペアにこだわらない点がポイント。

 

取引通貨ペア選定は週末に行い、ポジションを保有していない設定から20pip以上離れた時にトラリピ設定を解除します。ポジションを保有している設定はどれだけ離れても基本的には設定を解除しません。

 

たとえば、米ドル/円110~111円の買ポジション設定をしていたとして、米ドル/円が113円まで上昇した場合は、予算が余っていても米ドル/円110~111円の買ポジション設定を一旦解除します。

 

逆に、米ドル/円110~111円の買ポジション設定をしていたとして、米ドル/円が108円まで下降した場合は、米ドル/円110~111円の買ポジション設定を解除しません。

 

過去最安値まで下がってもロスカットされない予算を口座に入金してから、予算額に応じて設定をジワジワ追加していく方針です。

各通貨ペアの最安値・最高値までの値幅(2000年以降)

各通貨ペアの最安値から最高値は以下の通り。

  • ドル/円   :75.54~135.15円
  • ユーロ/円  :88.96~169.91円
  • ユーロ/米ドル:0.822~1.603ドル
  • 豪ドル/円  :55.02~107.81円
  • 豪ドル/米ドル:0.483~1.102ドル
  • NZドル/円  :41.87~97.75円
  • NZドル/米ドル:0.391~0.881ドル
  • 加ドル/円  :68.38~125.54円
  • 英ポンド/円 :116.81~251.07円

 

現時点(2019年5月2週)での最安値・最高値までの値幅は以下の通り。

  • ドル/円   :下34.44円 上25.20円
  • ユーロ/円  :下35.54円 上46.42円
  • ユーロ/米ドル:下0.301ドル 上0.480ドル
  • 豪ドル/円  :下21.90円 上30.89円
  • 豪ドル/米ドル:下0.216ドル 上0.403ドル
  • NZドル/円  :下30.65円 上25.23円
  • NZドル/米ドル:下0.268 上0.222ドル
  • 加ドル/円  :下13.53円(※) 上43.63円
  • 英ポンド/円 :下26.11円 上108.15円

 

(※)加ドル/円に関しては1995年に安値57.76円を記録しているので、そちらの値を参考にしたほうが良いかもしれません。(下24.15円)

来週の取引通貨ペアは『豪ドル/円(買)』『NZドル/米ドル(売)』に決定

というわけで、来週の取引通貨ペアは『豪ドル/円(買)』『NZドル/米ドル(売)』に決定しました。

 

ですが、私の場合は過去のトラリピ設定での手動決済が必要な塩づけ買ポジションが多い(合計20lot程塩漬け状態)ので、買ポジションがある程度決済されるまでは、売ポジション側『NZドル/米ドル(売)』のみに絞ってトラリピ運用しています。

 

 

さいごに

  • 必要証拠金・含み損をできるだけ抑えたい
  • リスクオン時は買ポジションで利益・リスクオフ時は売ポジションで利益
  • 最安値・最高値を基準にトラリピ設定追加
  • 増やすレンジ幅設定は1回につき最大10pips制限
  • ポジションを保有していないトラリピ設定から20pip以上離れた場合は一旦設定解除
  • ポジションを保有しているトラリピ設定は解除しない
  • 今までに設定した予算額を口座残高から差し引いた額から計算して設定追加
  • 各設定の予算額はマネースクエアの『らくトラ運用試算表』で計算
  • 設定追加予算額が不足している場合は設定追加せずに次回の入金時まで放置
  • 本数・通貨量は予算額に応じてお好みで
  • 取引通貨ペアは週末に見直し

 

FX投資は自己判断・自己責任でお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング