【5月3週目】CFDレバレッジ投資すると資産はどれだけ増えるか検証中

【5月3週目】CFD取引の運用実績をブログで公開

 

このページでは、GMOクリック証券で運用しているCFD銘柄の週間収支と来週の注目銘柄を公開していきます。

 

特定の銘柄に固執しすぎずに、お買い得銘柄を選定して投資をしていく方針で運用しています。今週は『金スポット』の空売りメインで取引を行ないました。

 

利益を出すことが目標ですが、含み損を多く抱え込みすぎないことが非常に重要。

 

運用戦略の詳細は以下のページで解説しているので、CFD運用に興味がある方は参考にしてみてください。

週間損益集計

※CFD口座:GMOクリック証券

 

5月3週目の損益合計は+19,492円でした。

  • 利益:+19,492円
  • 損失:0円
  • 合計:+19,492円

 

今週は、『金スポット(売)』『銀スポット(買)』で取引を行ない、1日平均4,000円程の利益を出すことができました。

 

今週は金銀共に狭い範囲でのレンジが継続したのですが、先週の上昇トレンドにビビってしまい積極的にポジションを保有していくことができずに、イマイチな結果に終わってしまいました(;´・ω・)

 

金スポットと銀スポットは似たような値動きする銘柄なので、買いと売りを分けて保有することでリスクが半減できます。

 

建玉数を増やせばさらに利益を見込めそうですが、逆方向に動いた時の含み損も増えてしまうため、自身の運用資金に応じた適正枚数を見極めなくてはいけません。

 

利益確定が21時以降に集中していることから、CFD商品銘柄は夜から早朝にかけて値動きが活発になることが分かります。

 

昼は小さく利確して夜は大きく利益を狙いましょう。

 ポジション保有状況

 

【天然ガス】

  • 保有枚数:14枚
  • 平均価格:1.980円
  • 評価損益:-67,846円

【金スポット】

  • 保有枚数:20枚
  • 平均価格:1,718.0円
  • 評価損益:-33,350円

【金ベア2倍ETF】

  • 保有枚数:24枚
  • 平均価格:57.75
  • 評価損益:-78,854円

【銀スポット】

  • 保有枚数:10枚
  • 平均価格:17.320円
  • 評価損益:-1,516円

 

今週末に、天然ガス銘柄の価格調整が発生したことで、買建玉のマイナス調整額分が含み損に追加されてしまいました。

 

価格調整のマイナスループに入ってしまっている感があります…( ̄д ̄)…

 

いずれは保有価格以上に上昇していくとは思っているのですが、コロナ禍が収束するまでは2.0ドル付近で空売りをしかけて価格調整額分を取り戻すしかなさそうです。(損切り以外では)

 

含み損を抱え込んだ状態で利益を出せたとしても、いずれは含み損に耐えきれなくなりロスカットしてしまう可能性が高くなります。

 

10万円の利益を出せたとしても100万円の含み損を抱えている状態では、いずれは強制ロスカットの末路が待っています。

 

含み損大の状態で利益が出ても、それは証券会社からお金を預かっているだけようなもので、いずれは返さなくてはいけなくなります。(ギャンブルで大勝ちした人の末路と同じ)

 

コツコツドカンにならないような戦略を立てていく必要がありそうです。

口座状況

 

2020年5月3週目終了時点

  • 口座残高:1,688,031
  • 評価損益:-181,566
  • 純資産額:1,506,465

 

含み損をしっかりと抑えつつ利益を出すことに注力しています。

 

価格調整が発生する銘柄を長期で保有すると、プラス値またはマイナス値の未決済価格調整額が積み上がっていきます。

 

毎月発生する価格調整は常にマイナスになる可能性もあり、建玉を保有し続けるのか損切るのか冷静な判断が求められます。

 

GMOクリック証券は、取引銘柄の必要証拠金と事前に自身が指定したロスカットレートまでの含み損を拘束証拠金としてロックされるので、資金なき状態での無茶な深追いはできなくなっています。

 

とはいえ、指定ロスカットレートまでの値幅を浅くしすぎるとロスカットされる危険性は当然高くなります。

 

強制ロスカットだけは絶対に避けなくてはいけないので、資金管理を徹底したうえで余裕あるロスカットレート設定で注文を仕込んでいくべき。

 

来週の運用戦略

来週の狙い目銘柄は『金スポット』の空売りです。

 

金は市場がリスクオフに傾いた時に買われやすい銘柄なので、新型コロナが収束するまでは値が上昇していく可能性があります。

 

2000年以降の過去最高値は、リーマンショック時につけた1,920ドル付近。

 

ですが、移動平均線(200日)とかなり乖離していることから、あえて空売りを仕掛けやすいタイミングでもあります。

 

米ドル円と逆相関の値動きをする特徴もあり、米ドル円が上がれば金スポットは下がりやすい傾向があります。

 

リーマンショックのような米国発でのリスクオフ的な事案が無い限り、米ドルは強さを維持しそう。数字的には1ドル110円以上を目指すと考えます。

 

そんなわけで、金スポットを取引するのであればロングよりショートで狙っていきたいところです。

 

金スポットは、4月頃からは1,680~1,730ドルのレンジを形成しており、今週もこの範囲内での値動きになると見積もって取引していたのですが、5月2週目にレンジを上抜けてきました。

 

今週(5月3週目)は、レンジ上抜けによる上昇トレンドを形成しそうな勢いだったのですが、またもや1,680~1,730ドルのレンジ範囲内に戻ってきています。

 

というわけで来週の戦略は…

  • 1,700ドル以上で空売り
  • 1,900ドル付近にロスカット設定

 

会社の給料以外に副業感覚でお金を稼ぎたいという方や、将来的に会社を辞めてセミリタイアを目指したいという方に参考にしていただければ幸いです。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました