【7月4週目】メキシコペソ/円のスワップ運用実績をブログで公開

 

FXで稼ぐ方法の一つであるスワップポイントを得るために、高金利通貨として人気のある『メキシコペソ』を淡々と積み立てていく検証をしています。

 

FX業者によって設定されているスワップポイント値は異なりますが、メキシコペソ/円の通貨ペアの買ポジションを保有しておくだけで1万通貨あたり1日約12円程のスワップが貯まっていきます。

 

メキシコペソ/円のスワップ運用に興味がある方は参考にしてみてください。

 

今週のメキシコペソ/円運用設定

  • 指値注文レンジ:5.5~6.0円
  • ポジション数量:3万通貨ずつ買う
  • 注文幅    :0.01円ごと
  • 利益幅    :0.03円(900円の利益)
  • 必要資金   :1万通貨あたり15,000~20,000円

 

【メキシコペソ/円】為替差益&スワップ 収支報告

※メキシコペソ/円のみの実績

 

  • 為替差益:4,500円
  • スワップ:5,310円
  • 利益合計:9,810円
  • 評価損益:-44,880円

 

7月4週目の利益合計+9,810円はでした(´-﹏-`;)

 

決して悪くはない成績なのですが、目標としている週間利益1万円には惜しくも届かず。

 

週末に値が上方向に動いてくれたおかげで、なんとか1万円近くまで利益を出すことができました。

 

『みんなのFX』でのメキシコ/ペソのスワップポイントが、今のところは1万通貨あたり1日12円にまで減っているため、値動きが緩やかな週は利益が乗りにくくなっています。

 

スワップポイントが減っている分スプレッドが縮まったので、値動きが激しい週は利益が乗りやすくなったとも言えますが。

 ポジション保有状況

※FX口座:みんなのFX

 

  • ペソ/円(買):57lot
  • 平均約定価格 :5.781円
  • 含み損合計  :-200,712円

 

GWから続いた下落トレンドとトランプ大統領のメキシコの移民政策にたいする関税引き上げ問題で、今までサポートラインとして機能していた5.70円を割り込んで一気に5.50円くらいまで下げていました。

 

その後、関税問題を凍結するという報道やアメリカの雇用統計の好結果等で5.75円あたりまで上昇。

 

メキシコの財務大臣が辞任したという報道で再び5.70ラインを割り込みました。

 

今週は、レジスタンスラインとして機能していた5.70円をうわ抜けていくかどうかがポイントだったのですが、明確にうわ抜けたとは言えない状態で週末を迎えています。

 

来週は30日、31日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が実施されます。

 

アメリカの政策金利が0.25%~0.50%利下げされる可能性が極めて高いので、新興国通貨&高金利であるペソ/円の価値が長期的には上がってくるかもしれませんが、短期的には発表後にドルが売られて円が買われる=来週のペソ/円は5.60円あたりまで下落する可能性があると見ています。

 

口座残高と含み損益

 

  • 口座残高:1,862,218円
  • 評価損益:-200,710円
  • 純資産額:1,667,658円

 

今後の運用展開

  • ペソ/円以外の通貨ペアを解消する
  • ペソ/円は1ロットあたり15,000円(できれば20,000円以上推奨)見積もる
  • 強制ロスカットラインは4円台前半を上限として設定
  • レートが5.5円を完全に下回った場合は、資金入金後に新たに設定を組み直す
  • レートが6.00円以上に上がった場合は売り注文も出す

 

来週のメキシコペソ/円運用設定

  • 指値注文レンジ:5.5~6.0円
  • ポジション数量:3万通貨ずつ買う
  • 注文幅    :0.01円ごと
  • 利益幅    :0.03円(900円の利益)
  • 必要資金   :1万通貨あたり15,000~20,000円

 

5.5~6.0円のレンジ幅(全50ポジション)を0.01円刻みに3万通貨単位で指値注文を出します。

 

必要資金は1万通貨あたり15,000~20,000円。

 

私は口座残高が180万円以上あるので、5.5~6.0円の間で合計90万通貨(30ポジション)くらい買っても強制ロスカットの可能性は低い計算。(過去最低額:4.87円)

  • 1,800,000円÷20,000円=90万通貨

 

レートが5.50円以下まで下落して90万通貨保有したとすると、スワップは1日あたり1,080円もらえます。

  • 900,000通貨÷10,000通貨=90
  • 90×12円=1,080円

 

1万通貨あたり2万円用意しておいたほうがい良いという理論は、ペソ/円が過去最低額まで下落しても強制ロスカットされないようにするための金額設定です。

 

ペソ/円の過去最低額は2016年につけた4.87円。1万通貨あたり20,000円くらい見積もっておけば守備力は高めです。

 

受け取れるスワップポイントの値は国の政策金利やFX業者によって変動するので、メキシコペソ/円が今後も継続して1万通貨あたり1日約12円のスワップポイントを受け取り続けられるとは限りません。

 

現状では『みんなのFX』が総合的(必要証拠金・スプレッド・スワップポイント)には最適なFX業者だと言えそうです。

 

『みんなのFX』は、保有ポジションを決済せずに貯まったスワップポイントだけを受け取ることも可能なので、スワップポイントだけで新たなポジションを積み立てていくこともできます。

 

ポイントサイト経由で『みんなのFX』口座を開設して、条件をクリアすることができれば高額ポイントを獲得することができますよ。

【どこ得?】広告利用時どのポイントサイトが高額か比較できる

 

FX投資は自己判断・自己責任でお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング