お金を『稼ぐ』よりも『貯める』ことが重要である理由とは

お金を『稼ぐ』よりも『貯める』ことが重要

 

まず最初に、お金を稼ぐことが重要では無いと言っているわけではありません。

 

お金を稼ぐ能力が無い限りお金を貯めることはできないので、まずはお金を稼ぐ必要があります。

 

ですが、どれだけお金を稼ぐ能力が高かったとしても、稼いだお金を貯める能力が無ければお金は貯まっていきません。

 

毎日毎日口癖のように「お金が無い」と言っているわりには、ガンガン自販機やコンビニ等で買い物をしていたりする人も結構います。

 

会社の給料は自分自身ではコントロールできない部分が多いので、まずは自分自身でコントロール可能である支出を見直すことが大切だと思います。

 

お金で買えないものや解決できないことも多数ありますが、お金はいくらあっても困ることは無いので、お金を『貯める』能力を極めて経済面でゆとりを持ちたいところです。

 

働けど働けどなかなかお金が貯まっていかない人や、投資資金を捻出したい人を対象に話を進めていきます。

お金持ちのイメージが真逆で実は質素

 

テレビやyoutubeに出ているお金持ちを見ていると、高級ブランドの服を着ていたり高価な腕時計を装着していたり高額な車を乗り回していたりします。

 

もし自身がお金持ちになったとしたら、そのお金持ちの生活をしようと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、私の知り合いのお金持ちは高級ブランド品を身に着けていませんし、車も軽自動車を好んで乗り回しています。

 

高級ブランド品以外の商品や軽自動車が悪いと言っているわけではありませんが、世間一般がイメージする『お金持ち』とはかけ離れているのではないでしょうか。

 

お金持ちといっても、普段の生活で豪華にお金を使いまくっている人だらけではないということです。

お金持ちイメージはメディアが作り上げた虚像

 

全てのお金持ちが、高級ブランドを身に着けて高級車を乗り回して大きくて広い家に住んでいるわけではありません。

 

実は、テレビやyoutubeに出ているお金持ちはメディアが作り上げた虚像と言えます。

 

お金を使うことに消極的なお金持ちよりも、お金を積極的に使うお金持ちのほうが目立ちますし、メディアはお金をバンバンに使うお金持ちを映したがるのは当然といえば当然ですよね。

 

質素なライフスタイルのお金持ちを映しても普通で面白くないしインパクトがありません。

 

メディアを見る側としては、手に入らないものだったり住めない場所だったり、普通ではないものを求めている人が多いです。

 

メディア映えするように、わざとお金を浪費するという『戦略』をもってしてお金稼ぎをしている戦略家もいるのです。

 

高級ブランドを身に着けて高級車を乗り回して大きくて広い家に住むという憧れを持つこと自体が、実はメディアに操作されているのかもしれません。

見栄を張るのを止めよう

 

他人は他人にたいして何の興味も無いということを意識しなくてはいけません。自分の胸に手を当てながら思い浮かべてみてください。

  • 他人が豪華な車を乗り回していても全く興味ありませんよね
  • 他人が高級ブランド品の腕時計をつけていても全く興味ありませんよね
  • 他人が毎日お金を使って遊び回っていても全く興味ありませんよね

 

他人は他人に何の興味も持っていません。高級なものを見せつけて自慢しても「あ~すごいね~」程度で終わりです。

 

しかも、高級品と高級ではない品を並べられても、どちらが高級品なのかを見定めるのは意外と難しかったりします。

 

正月にテレビで放送されている格付けチェックを観ていても、どっちが高級品なのか分からない芸能人のほうが多いくらいですよね。

 

他人からうらやましがられたい等の承認欲求を満たすために高級品を買ったところで、「へ~すごいね~」で終わりますよ。

 

高級ブランド品の消費者の多くは、億万長者はなく普通のサラリーマンレベルの人のほうが多いそうです。

 

見栄を張るために高級品を買って浪費している限り、お金持ちっぽく見せることはできたとしても本当のお金持ちになることはできません。

 

さいごに

どれだけお金を稼ぐ能力が高かったとしても、稼いだお金を貯める能力が無ければお金は貯まっていきません。

 

お金を無駄に浪費しないためには、承認欲求を捨てたうえで一定の知識と意識が必要だということです。見栄に左右されているとお金は減り続けます。

 

会社の給料は自分自身ではコントロールできない部分が多いので、まずは自分自身でコントロール可能である支出を見直しましょう。

 

お金で買えないものや解決できないことも多数ありますが、お金はいくらあっても困ることは無いので、お金を『貯める』能力を極めて経済面でゆとりを持ちたいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました