クレジットカードは年収が低いと審査に落ちて作れないとはかぎらない

クレジットカードの審査に通る年収の目安とは

結論から言うと、クレジットカードを作れる年収の目安は【150~250万円以上】です。

 

クレジットカードが欲しくても年収が低く、審査に通るか分からないから作っていない人もいるのではないでしょうか。

 

クレジットカードの申込時に年収は必須項目になっているため、カードを発行するうえで重要になってくるのは間違いありません。

 

国税庁が調査した日本人の平均年収は以下の通り。

引用元URL:https://financial-field.com/living/2019/02/25/entry-37343

 

クレジットカードが欲しいけど、仕事であまり稼げていない場合でも作れるのか気になるところだと思います。

 

このページでは、審査に通る収入の目安について解説していくので、カードを作るタイミングで年収が低くなってしまっている会社社員や派遣社員、その他自営業者などの方は参考にしてみてください。

年収以外にも審査項目がある

クレジットカードを発行する際に、クレジットカード会社がカード申込者に対して審査をすることになっています。

 

『年収』は、発行審査で重要な項目になります。

 

カードの発行審査は年収だけではなく、主に以下の項目をチェックした後に、カード会社が発行するかどうかを決める仕組みになっています。

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 年収
  • 居住年数
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 延滞履歴

 

『年収』は、カードを発行しても良いかどうかを判断する基準の一つに過ぎず、年収が高くても審査に通るとは限りません。

 

もちろん、年収が低いよりも高いほうが審査に通りやすくなるのは間違いありませんが、他の項目があやふやである場合は審査に通りません。

年収が低くても作れる可能性あり

年収以外の審査項目をクリアしていることを前提として、年収が150~250万円以上ではない場合でも審査に通りカードを作れる可能性があります。

 

例えば、パートで年収100万円そこそこ稼いでいる人でも、配偶者に収入がある場合は審査に通りやすくなります。

 

ちまたでは、年収200万円が最低ラインだと言われていますが、それ以下だとしても継続・安定して収入を得ていたり配偶者に収入がある場合は例外です。

コロナ禍で出勤日数が減って収入が

減った人は多い

 

カード会社は、年収が高くても安定していない人より、年収が低くても安定している人を好む傾向があり、延滞なく支払いをしてくれる人かどうかを重要視しているのでしょう。

年収が低すぎるのはNG

クレジットカードの審査に通るためには、給料等で一定の金額を稼いでいる必要があります。

 

無職で収入源が無い方であっても審査に通る可能性はゼロではありませんが、そういった場合で審査に通過するには自分以外の家族(配偶者)が主な収入源として申し込む必要あり。

 

アルバイトやパートの方でも審査を通過することは可能ですが、月継続的に稼げていない場合は苦しいかもしれません。そのへんの審査基準はカード会社によりけりです。

忍者(無収入の)でも作れるカード会社があるとかないとか

 

やはり、安定した職業に就いていて年収が多く勤続年数が長いほど審査に有利なのは間違いありません。

年収以前に借金や支払滞納履歴がある場合は厳しい

携帯料金や電気代等の料金支払いを滞納してしまうと、『信用情報機関』に滞納履歴が保管されてしまいます。クレジットカード利用で滞納をしてしまっている場合も同様。

 

1度やってしまうと5~10年間も信用情報機関に保管されてしまう模様。

滞納ダメ絶対…

 

信用情報にキズがついている場合、返済能力が無いと判断されて審査に通りにくくなります。

 

年収が高いとか低いとか以前に、『ブラック』として信用情報機関に登録されてしまうとクレジットカードの審査通過は絶望的です。

年収が低いと限度額が低くなる

年収が低くてもカード発行審査をクリアする可能性はありますが、カードの利用限度額が低くなるケースが多いようです。

 

支払い能力が無い人の限度額を高くしてしまうと、遅延や延滞が発生してしまう危険性があるためです。

 

限度額を高くしたいがために、カード申込時に嘘をついて高い年収を記入するのだけは避けましょう。

 

カード会社側もある程度の収入は推測できるようなので、もし嘘がバレてしまうと審査に悪影響が出て否決されます。

年収が高くても一気に複数枚申し込むと落ちる

審査項目を全てクリアしている人でも、同時期にカードを複数枚申し込むと審査に落ちる可能性があります。

 

クレジットカード発行を申し込むと信用情報機関に『申込履歴』が保存・蓄積されます。

 

クレジットカードを同時期に複数枚申し込むこと自体は、信用を失う情報として保存されないようですが、同時期に複数枚申し込む動機をカード会社に怪しまれてしまいます。

 

いわゆる『多重申込』は、借金の返済等ですぐにでもまとまったお金が必要だから大量にクレジットカードを欲しているとカード会社に判断される可能性が高く、発行審査に通りにくくなります。

ポイントサイト経由でクレジットカードを作成するとお得

クレジットカードを作る前にポイントサイトを経由させておくと、ポイントサイトのポイントをもらうことができるのでかなりお得。

 

カードの種類や作る時期にもよりますが、1枚あたり10,000円分くらいのポイントを獲得可能です。

 

カード発行広告はポイント獲得条件が緩い案件が多く、新規でカードを作ればポイントが貰えるパターンが多い

 

ポイントの交換方法も豊富で、基本的には手数料無料で現金や電子マネーに交換できるので使い道に困ることはありません。

 

もしクレジットカード作成を検討されているのであれば、ポイントサイト経由で申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ポイントサイト登録・利用・退会は無料です。

【図解】誰でも簡単ハピタス登録方法!スマホからSMS・電話認証なし
【2021年版 完全図解】ハピタス登録方法マニュアル!スマホからSMS・電話認証なしで登録可能 スマホがあれば、ハピタスにSMS・電話認証なしで会員登録することが可能です。(パソコンからはSMS・電話認証が必要) ス...

さいごに

クレジットカードを作れる年収の目安は【150~250万円以上】です。

 

年収200万円が最低ラインだと言われていますが、全てのカード会社に当てはまるとは限りません。

 

ちなみに、私が初めて作ったクレジットカードは『ライフカード』です。過去にポイントサイト経由で発行してお得にポイントをもらいました。

誕生日月ポイント還元率3倍のライフカード!年会費や審査難易度を解説
ハピタス経由で『ライフカード』を発行するとお得 ポイントサイト【ハピタス】に掲載されている『ライフカード』広告を経由してから新規カード発行をすると、4,500円分のポイントをゲットすることができます。 ※20...

 

私がアルバイト(年収100万ちょっと)をしていた時に作れたカードなので、審査基準は緩めに設定されていると思われます。18歳以上であれば高校生を除く学生や専業主婦(夫)も申込可能。

 

ライフカードの審査難易度は非常に低く設定されているので、初めてクレジットカードを発行する方にとってはうってつけの1枚ですよ。

 

▼ハピタス無料会員登録はこちらからどうぞ▼
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました