クレジットカード発行手数料

 

クレジットカードを発行する時にカード作成費用としていくらか費用が発生しそうなものですが発行手数料は基本的には0円です。

 

ガチャガチャから出てくるカードですらお金が必要なので、クレジットカードも当然ながら発行手数料が発生するものだと思っていました。電子マネーカードを発行する時には手数料が発生しますが、クレジットカード発行時に手数料が発生するケースは極めて稀だと言えます。

 

年会費がかかるカードや、オプションに電子マネーやETC等のオプションを内蔵する場合は別途料金が必要になってきますが、基本的にはカードを所持しているだけでは支払料金は発生しません。

 

クレジットカードはトレカカードと違い、激レアカードだと1枚数万円するといったことにはなりません。

発行手数料がかかるケース

新規でクレジットカードは発行する時には手数料がかかりませんが、自身の落ち度でカードを紛失したり破損させてしまった場合は、再発行時に手数料が発生する可能性があります。

 

破損した場合はそのカードが使えなくなるだけですが、紛失してしまった場合はそのままにしておくと不正利用されたりして損害が被る可能性があるので、カード会社に電話相談するタイミングが遅くならないように注意しましょう。

 

財布を落としたりしてカードを悪用されてしまった場合は、盗難保険の申請が可能なので自身に請求がこないようになっているようです。カードを紛失してしまった場合は、カード発行手数料を気にする前に即時にカード会社に連絡するようにしなければいけません。

カード発行手数料以外にかかる費用

 

年会費が必要であったり、クレジットカードのオプションとして電子マネーカードを別途発行させたりETCを内臓させると費用が発生するカードもあります。

 

年会費やオプションの値段は各カードによって様々ですが、発行初年度のみ年会費無料であったり年間のカード利用額によって無料になるというケースも見かけます。

年会費

年会費無料で発行できるカードもあれば、ゴールドカードの場合だと数千円から数万円かかったりするカードもあります。

 

年会費が無料のカード=利用者にたいする還元率やサービスが低いとは言い切れませんし、年会費が有料のカード=サービス内容が充実しているとも言い切れません。

 

クレジットカードの種類が増えるにつれて競争に勝つために年会費無料カードが増えつつあります。自身に合ったサービスを提供しているカードを選びやすくなったのではないでしょうか。

 

年会費の相場は1000~3000円程。

電子マネーカード

クレジットカードに電子マネー機能を内蔵させると数百円程の手数料が発生する場合があったり、クレジットカードとは別カードとして電子マネーカードを発行する時も手数料が発生する場合があります。

 

無料で発行できる電子マネー一体型クレジットカードや、無料で利用できる電子マネーアプリというものもあるので、手数料を払ってまで機能を付帯させたり別カードを発行するかはサービス内容次第といったところでしょうか。

 

電子マネーの相場は0~500円程。

ポイントサイト経由でカード発行

 

クレジットカードを発行する時は、ポイントサイトを経由してから発行申込をするとポイントサイトのポイントを稼げるので大変お得です。

 

カードの種類と各ポイントサイトの条件によりますが、基本的にはカード発行広告を経由させるだけで1000~10000円分のポイントを獲得することができます。カード会社によってはカード発行特典を用意している場合もあるので、両方あわせて10000~15000円分のポイントを獲得できる可能性も。

 

ということもあり、カード発行時はどこかのポイントサイト経由させたほうがお得になります。

 

ポイントサイトを経由させること自体は無料で行なえて、前途した通りカード発行も基本的に無料なので、年会費無料のカードを選べば発行後にカード支払をしない限り費用はかかりません。自身の目的に沿うカード選び、カードを新規発行してお得にポイントを稼ぐことができますよ。

どのポイントサイトを経由させるとお得か

カード発行時に経由させるポイントサイトは、できるだけ獲得ポイント数が多いポイントサイトを選びたいところです。

 

ですが、各ポイントサイトの還元率や獲得ポイント数にバラツキがあって、全部のポイントサイトを見て回るのもかなりしんどいので、そのような場合はポイントサイト比較検索サイトを利用しましょう。

 

比較検索サイトの検索窓に広告案件名(発行したいクレジットカード)を書き込むだけで、現在どこのポイントサイトを利用すれば一番お得なのかを調べることができます。詳しくは以下のページで解説しています。

【どこ得?】広告利用時どのポイントサイトが高額か比較できる

さいごに

クレジットカード発行手数料は基本的には0円なので、年会費無料のカードを申し込めば自身が支払いで使用しない限り費用は発生しません。

 

それぞれのカードによって還元率やサービス内容は異なるので、自身の重視させたい目的に合わせて発行申込することをオススメします。ポイントサイトを経由させてからクレジットカード発行申込をすることで、ポイントサイトのポイントを稼ぐことができます。

 

各ポイントサイトによって獲得ポイント数が異なるので、できるだけ多くのポイントを稼ぎたい方は比較サイトを利用し、複数のポイントサイトにポイントを分散させることを避けたい方は利用頻度の高いポイントサイトを経由させましょう。

 

利用頻度の高くなりそうなポイントサイトといえば『ハピタス』です。ハピタスはネットショッピング広告が豊富に揃っているので、楽天市場やYahoo!ショッピング等で買物をする方にとってはほぼ必須と言えるポイントサイトです。

 

▼ハピタス無料会員登録はこちらからどうぞ▼

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング