ポレット(Pollet)カードとは

 

ポレットカードとは、2017年3月7日にサービスが開始された世界中のVisa加盟店やネットショッピングで利用できるプリペイドカードです。

 

ハピタスの運営会社であるオズビジョンの子会社【Pollet】が発行しており、カードの発行費・年会費等は無料なのでカードを持っているだけでは費用は一切かかりません。

 

クレジットカードと違い、プリペイドカードは事前にチャージした残高分までしか使えませんが、カード発行の審査が不要なこともあり12歳以上なら誰でも発行・利用することができます。

 

収入が無い学生やクレジット審査に自信が無い人でも発行・利用できるところがポレット(プリペイドカード)の魅力。事前にチャージした分しか使えないことによって、使いすぎ防止になり計画的に利用しなくてはいけないという意識が高まります。

 

ポレットカードと提携しているポイントサイト

今のところ、ポレットカードにポイントをチャージできるポイントサイトは、『ハピタス』『ポイントインカム』『i2iポイント』『ちょびリッチ』になっており、利用者が増えていけば他のポイントサイトにも順次追加されていくことが予想されます。

 

Visaプリペイドカードなので、Visaクレジットカードが使える加盟店であれば利用可能で、実店舗はもちろんネット通販サイトでも利用できるところは多いです。

 

有名どころの大手通販サイトである『Amazon』でも支払時に利用することが可能。

 

ポイントサイトで稼いだポイントは、ポレットにチャージしてAmazonでの買物に利用するという素晴らしいローテーションの完成です。

 

ポイントサイトからのポイントチャージ時に0.5%増量

ポイントサイトで稼いだポイントをポレットカードにチャージするごとに0.5%増量されます。

 

【ハピタス・ポイントインカム・i2iポイント・ちょびリッチ】のどのポイントサイトからポイントをチャージする時も交換手数料無料

 

ハピタスとi2iポイントは1円分のポイントから交換可能ですが、ポイントインカムとちょびリッチは500円分のポイントから交換可能になっています。

 

ポイントインカム・ちょびリッチのポイントを交換手数料無料で交換するとなると、Amazonギフト券や『ドットマネー』が基本線。ポイント交換キャンペーンを頻繁に行なっているドットマネーというポイント合算サイトに、一旦ポイントを移行してからポレットへのチャージしても良いと思います。

 

ハピタスやi2iポイントで稼いだポイントも、一旦ドットマネーに移行させてポイントをまとめてしまったほうがポイント管理が楽。

ドットマネーにポイントサイトのポイントを移行させるとお得

 

その他チャージ方法

ポイントサイトで稼いだポイントをポレットにチャージする以外にも、クレジットカードやネット銀行振込からでもポレットにチャージすることができ、どのようなチャージ方法を選択しても0.5%上乗せされます。

 

しかし、ネット銀行振込やセディナカード(クレジットカード)以外のクレジットカードでチャージする場合はチャージ手数料が300円発生します。

 

ポレットカードを頻繁に使っていきたいと考えているのであれば、チャージ専用カードとしてセディナカードを発行しておくと良いかもしれません。

 

ポレットカード発行と利用手順

  1. アプリストアで『ポレット』をインストールする
  2. アプリ内で各ポイントサイトに連携してポイントをチャージする
  3. アプリ内で会員登録してカード発行手続きをする
  4. 3日~2週間で郵送でカードが届く
  5. 届いたカード番号をアプリ内で登録する
  6. 次のチャージはアプリ内でチャージできる

 

ポレットアプリをスマホにインストールして手続きを進めていけば、2週間程度でポレットカードが手に入ります。

 

先にハピタスに会員登録して、ハピタスのポイント交換ページからポレット申込サイトへ飛んで申込手続きをするという流れでもOK

ポレットならハピタスポイントを月30万分まで換金可能

 

▼ハピタス無料会員登録はこちらからどうぞ▼
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ネットショッピング広告特化型サイト【ハピタス】会員登録方法

 

さいごに

提携先ポイントサイトに貯まっているポイントの交換先として『ポレット(pollet)』を選択すると、手数料無料&0.5%上乗せ状態でチャージできるので大変お得です。

 

ポレットカードは、Amazonを含む多くのネット通販サイトや全国のVisa加盟店やコンビニ等で利用できるので、小銭(現金)を持ち歩かなくてもよくなる機会が多くなります

 

ポレットを日常的に使っていくことによってATMの利用回数を減らすことができるので、ATM手数料を支払う回数もおのずと減ってくるのではないでしょうか。

 

学生等のクレジットカードを発行できない方でも、気軽に発行できるプリペイド式カードとなっています。チャージした分しか利用できないので、使いすぎを防止しつつ計画的に使っていけるところがプリペイドカードの良いところですね。

 

ポレットカードの発行手数料も無料なので、試しに発行されてみてはいかがでしょうか。

ポイントを稼ぐ流れ(一例)

  1. ポイントサイト経由でクレジットカード(セディナカード系)発行
  2. ポレットカード発行
  3. ポイントサイトのコンテンツや広告を利用してポイント稼ぎ
  4. 広告利用等で稼いだポイントサイトのポイントをドットマネーに移行
  5. ドットマネーからポレットに0.5%増量でチャージ
  6. Amazon等のネット通販サイトやコンビニで利用

 

ポイントサイトには100%還元という、商品購入後に商品代金の全額分がポイントとして還元される広告があります。

 

ポレットカードはVisa加盟店ならばネット通販サイトでも利用することができるので、100%還元広告の商品・サービスの支払い時にポレットを使うことも可能。

 

ということは、ポイントサイトで稼いだポイントをポレットにチャージして、100%還元広告の支払い時にポレットを使って支払い、後で全額還元されるポイントをポレットにチャージすれば、ポイントを繰り返し回していける無限パターンが完成します。

 

チャージ金額が高ければ高いほど0.5増量が活きてくるのも魅力的ですね。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

ポイントサイトランキング