クレジットカード発行申込

ポイントサイトを経由してクレジットカードを発行する場合と、直接クレジットカードサイトで発行する場合では、かなり得られる金額やポイントが変わってきます。

 

クレジットカード会社側で何かのキャンペーンを開催中に、ポイントサイトを経由してクレジットカードを発行すればダブルでお得です。

クレジットカード会社の特典

クレジットカードを発行するとカード会社から入会特典が付いてきます。

こちらは参考画像です。

 

カード会社によっては数千円単位の特典もあったりしますので、クレジットカードを作る前に、現在どのようなキャンペーンを行っているのかチェックしてみましょう。

ポイントサイト経由でポイント獲得

ポイントサイト経由でのクレジットカード会社でカード発行を行うと、カード会社と特典以外にもポイントサイトのポイントも獲得できます。

カード発行だけで高ポイントを獲得できる案件が多数存在します。

%e6%a5%bd%e5%a4%a92

 

↑は『ハピタス』の楽天クレジットカード発行広告です。

こちらのハピタスに掲載されている楽天カード広告を経由してから楽天カードを作成すると、楽天での新規入会特典とは別に、ハピタスで数ポイント獲得出来るという案件になります。

 

こちらは『げん玉』に掲載されている(期間限定)広告です。

 

このような期間限定キャンペーンは頻繁に行なわれいるので、高額ポイント獲得タイミングを見計らってカードを発行したいところです。

クレジットカード発行案件の注意点

クレジットカード発行にかかる費用は、発行だけなら基本的に無料な場合が多いです。

 

楽天以外にも様々なクレジットカード会社がポイントサイトに広告を掲載しています。

期間限定でポイントサイトで獲得できるポイントが増えている場合もあるので、そこがクレジットカードを発行する狙い目となります。

 

ですが、『クレジットカード発行案件は稼げる!』とは言っても、一気にカードを大量に発行しないほうが良いです。

特典やポイント稼ぎが動機でカードを発行する事自体は、悪くはないしやっても良いと個人的には思います。

 

カード会社が特典を付けているという事は、つまりは特典で新規会員を誘い込んでいる部分もあると思うので、私たち側もそれを1つのカード作成の動機にするのはアリでしょう。

しかし、一気に大量に作成を試みると、審査する側も明らかに特典しか興味がなさそうな客にはカードを発行したくなくなると思います。

カード発行情報の一部は共有されデータに残ってしまうからです。

特典やポイント稼ぎは悪?というよりかは、クレヒスが影響してどこかのタイミングで審査に通りづらく又は審査に落ちると思います。

クレヒスとは

クレジットカードを申込時・作成時・使用時・解約時には、信用情報に記録が残ります。

クレジットヒストリー(通称クレヒス)というやつですね。

 

その信用情報は各カード会社で共有され、クレヒスが悪いとカード審査に通る事が難しいとされています。

カード発行しようとしても審査に通らない場合は、クレヒスが影響していると思われます。

クレヒスが悪くなるパターン

  • 携帯電話等の料金滞納(3ヶ月)
  • 各種支払い遅延歴あり
  • 過剰な借入金あり
  • 直近1年以内に複数の融資申し込み歴あり
  • 中高年以上でクレヒスがない

クレジットカード発行タイミング

クレジットカード発行案件は特典やポイントがお得ですが、一気に作成しようとしても審査に通らない場合が多いです。

 

むしろ、今まで良かったクレヒスが悪くなってしまうので今後の為にもやらないほうが良いです。

では、どのタイミングでカード発行案件を狙っていくのが比較的ベストなのかというと、信用情報のカード申込記録は申込日から6ヶ月間残るというところに注目です。

 

一気に大量に申込を行ったという記録やクレヒスは各カード会社で共有されているので、特典狙いがバレバレで審査に落ちてしまいます。

カード会社側としては、なるべくネガティブな要素を持っている人を審査に通したくないというのも分かります。

 

クレヒス共有により、他カード会社が審査に落としたという記録を参考にして、うちのカード会社も審査を通すのをやめておこうと考えるのも当然ありえるでしょう。

なので、申込を行ってから6ヶ月は間はカード発行期間を開けたほうが良いです。

もし申込に落ちたら、やはり申込履歴が消える6ヶ月間は新たなカード申込を控えておきましょう。

 

カード発行申込は年に2.3枚くらいにとどめておいたほうが無難という事になります。

まとめ

申込記録は申込から6ヶ月間残ります。

記録は共有されているので1回審査に落ちたら他でも落ちやすいです。

一気にカードの申込をすることを多重申込と言い、多重申込は基本的に審査に落ちます。

どんなにカード発行特典やポイント数が魅力的でも、カード申込は年に2.3枚くらいにしておいたほうが無難です。

 

カード発行に関する注意点を考慮しながら、ポイントサイト経由でカードを発行してポイントを稼ぎましょう!

 

▼ハピタス無料会員登録はこちらからどうぞ▼
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

▼げん玉無料会員登録はこちらからどうぞ▼

 

お小遣い稼ぎで節約ブログランキングはこちら

人気ブログランキングへ