メキシコペソ/円のトレード&スワップでセミリタイアを目指す方法

 

現在のメキシコの政策金利は7.25%(2020年1月時点)となっており、日本円との金利差がかなり広がっているためスワップポイントも高額に設定されています。

 

FX業者によって設定されているスワップポイント値は異なりますが、メキシコペソ/円の通貨ペアの買ポジションを保有しておくだけで1lot(1万通貨)あたり1日約10円程のスワップが貯まっていきます。

 

当ブログでは2018年7月から、FXで稼ぐ方法の一つである『スワップポイント』を得るために、高金利通貨として人気のある『メキシコペソ』を淡々と積み立てていく検証をしていました。

 

メキシコペソ/円のスワップポイントが月10万円入ってくるようになるまではひたすら積み立ていく検証をしていく予定でしたが、安い時に買っておいたポジションの含み益がかなり出ていたため、誘惑に負けて利確してしまいました…

 

ポジションを利確してしまうと、もちろんスワップポイントは入ってきません。

 

メキシコペソ/円のスワップポイントは魅力的なのは間違いありませんが、為替差益が出ているのにもかかわらず利確しないというのは機会損失(儲け損ない)ですよね。

 

というわけで、これからはメキシコペソを淡々と積み立てていく手法から『為替差益も狙いつつスワップも得る手法』に変更しました。

 

メキシコペソ/円の資産運用に興味がある方は参考にしてみてください。

 

メキシコペソ/円の運用設定『指値ナンピン買い下がり』編

メキシコペソ/円の運用設定は以下の通り。

指値ナンピン買い下がりルール
  • 値が下がったら買う注文(指値注文)を設定する
  • 自身の口座資金に応じて保有する通貨量を決める
  • 利確幅を設定する
  • 強制ロスカットレートを過去最安値以下になるように注文する
  • 塩漬け状態になったポジションはスワップ製造機と割り切って保有する

 

2020年1月時点でのメキシコペソ/円のスワップポイントは1lotあたり1日約10円。

 

メキシコペソ/円を100万通貨保有した場合は1日あたり約1,000円(1月あたり約30,000円)もらえる計算になります。

 

為替差益の視点から見ると、たとえば1ペソ5.5円の時に1万通貨買っていたとして、値が5.6円に上がった時に保有ポジションを手放した場合は1,000円の利益がでます。

 

買ったポジションをそのまま保有し続けるだけではなく、値が下がった時に買って値が上がった時に売る手法も組み合わせたほうが利益率が上がると見ています。

 

値が必ず上がっていくとは限りませんが、常に下がり続けるとも限りませんよね。

 

下降トレンド中は買い下がっていきスワップポイントで稼いで、上昇トレンド中は利確されていくので為替差益で稼げるという手法です。

 

この手法のデメリットとしては、保有ポジションが少ない時は為替差益でもスワップポイントでも稼ぎにくくなるという点。

 

そんなデメリットを補うために、サブポジションとして別通貨ペアの売り注文も設定します。

 

そんな感じで、運用ルールの詳細をご確認ください。

値が下がったら買う

 

メキシコペソ/円の値が下がった時に買い注文する『指値注文』を出しておきます。

 

2020年1月時点のレートは1ペソ約5.9円なので、5.9円より下がったら買い注文が成立していきます。

保有間隔と利確幅を設定する

 

メキシコペソ/円の1日あたりの平均値幅は大体0.05円。激しく動いても1日あたり0.05~0.1円動くか動かないかくらいです。

 

値動きが激しい通貨ペアではないので、ポジションを保有する間隔や利確する幅を広く開けすぎてしまうと、指値注文は決済注文がなかなか入らなくなります。

 

結論としては、保有間隔は0.01円・利確幅は0.05円あたりが最適かと思います。

  • 保有幅:0.01円
  • 決済幅:0.05円

 

保有間隔は自身の運用資金を決めてから判断しましょう。

 

例えば、想定レンジ5.00~.600円の間に1万通貨ずつポジションを敷き詰めたい場合の資金別オススメ保有間隔は以下の通り。

  • 0.01円間隔で敷き詰めたい場合は200万円以上用意する
  • 0.02円間隔で敷き詰めたい場合は100万円以上用意する
  • 0.03円間隔で敷き詰めたい場合は65万円以上用意する
  • 0.04円間隔で敷き詰めたい場合は50万円以上用意する
  • 0.05円間隔で敷き詰めたい場合は40万円以上用意する

 

必要資金の算出方法は後述します。

1つのポジションあたりの通貨数量(lot)は自身の運用資金で決める

1ポジションあたりの保有通貨量は自身のFX口座額で決めます。

 

FXで運用できるお金があればあるほど多くの通数数量保有可能です。

 

ざっくりですが、メキシコペソ/円の価格レートが5.00~6.00の範囲内であれば1万通貨あたり約20,000円用意しておけば1ペソ3.9円あたりまで下がっても耐えられるので安全圏と言えそう。

 

メキシコペソ/円の過去最安値は4.87円

 

つまり、運用資産が10万円ある方であれば5万通貨まで買っても安全圏という計算になります。

 

5万通貨買えるのであれば、1万通貨ずつ5つのポジションを取れるということです。

 

200万円の運用資金があれば、5.0~6.0円の間に0.01円間隔で1万通貨ずつポジションを敷き詰めても、強制ロスカットラインは過去最安値以下です。

過去最安値の確認・計算方法

メキシコペソ/円の過去最安値は2016年につけた4.87円。

 

今後過去最安値を更新していく可能性はありますが、とりあえずはメキシコペソ/円が4.87円まで下がっても強制ロスカットされないポジション保有量で運用していく必要があります。

 

理想としては、メキシコペソ/円が4円以下になっても大丈夫なくらいに余剰資金を確保しておきましょう。

 

計算方法

(有効証拠金-必要証拠金)÷通貨数量=強制ロスカットまでの値幅

 

※メキシコペソ/円のチャートが5.5円の場合

  • 口座残高 :2,000,000円
  • 保有通貨量:1,000,000通貨
  • 有効証拠金:2,000,000円
  • ペソ円必要証拠金:10,000通貨あたり約2,500円

 

  • (2,000,000円-250,000円)÷1,000,000通貨=1.75円
  • 5.5円-1.75円=3.75円
  • 強制ロスカットライン=3.75円

 

上記の計算は、レート5.5円の時に一気に100万通貨買った場合の計算方法なので、5.5円から4.5円まで0.01円ずつ買い下がっていくのであれば強制ロスカットラインは3.13円あたりまで下がります。

  • 想定レンジ6.0円~5.0円:強制ロスカットライン3.7円
  • 想定レンジ5.5円~4.5円:強制ロスカットライン3.2円
  • 想定レンジ5.0円~4.0円:強制ロスカットライン2.6円

塩漬け状態になったポジションはスワップ製造機として割り切る

 

値が下がった時に買い注文が出てポジションを保有していくのですが、値が下がりっぱなしになると保有ポジションが決済されずに塩漬け状態になります。

 

ポジションを保有しておくと1万通貨あたり1日約10円スワップポイントが貰えるので、ポジションを手放さない限りはスワップで稼げます。

 

もし100万通貨分塩漬け状態になったとしても1日あたり約1,000円貰えるので、月30,000円程はスワップで稼ぐことが可能。

 

上記したように、強制ロスカットを避けるためには1万通貨あたり2万円は見積もっておいたほうが無難です。

 

つまり、200万円あれば100万通貨保有しても安全圏なので、お金のなる木として月最低3万円以上の実(スワップ)を生み出し続けてくれます。

 

月3万円以上生み出してくれる『お金のなる木』を4・5本程用意できれば、セミリタイアも近づくのではないでしょうか。

サブポジションとして別通貨ペアを空売る

 

メキシコペソ/円が上昇していくと保有通貨数量が少なくなってしまい、為替差益でもスワップでも稼ぎにくくなってきます。

 

対策として、メキシコペソ/円と連動性または相関関係がある通貨ペアを売り注文で出しましょう。

 

世界的に良くない報道や要人発言があると円が買われて円高になる傾向(リスクオフ時の円買い)が強いので、メキシコペソ/円を含むクロス円は似たような動きをするタイミングが多く見られます。

 

サブポジション売り通貨ペア候補は、証拠金やスプレッドボラリティ的にオセアニア通貨『豪ドル/円』もしくは『NZドル/円』をオススメします。

 

マイナス金利を導入している『フラン/円』も候補。

 

欧州通貨である『ユーロ/円』や『ポンド/円』は証拠金や過去最高値までの値が高く値動きも激しいので、運用資金が少ない間は避けておきましょう。

 

サブポジションという役割を持たせるので、通貨数量と保有間隔と利確幅はなるべく抑えた設定にしておきましょう。

 

ちなみに私のサブポジション設定は以下の通り。

  • 通貨ペア:スイスフラン/円
  • 保有数量:0.1万通貨ずつ
  • 注文幅 :0.30円ごと
  • 利確幅 :0.50円(500円の利益)

 

あくまでもサブとして取引をするので、メインの評価損益よりもサブの評価損益が上回ってしまっている時は、サブの取引は一旦を中止しましょう。

まとめ

指値ナンピン買い下がり運用設定
  • メキシコペソ/円(買)
  • 注文幅 :0.01円
  • 利確幅 :0.05円(500円の利益)
  • 通貨数量:1ポジションにつき1万通貨ずつ
  • 見積資金:1万通貨あたり20,000円以上
  • 高値上限:6.00円

 

  • 豪ドル/円・NZドル/円・フラン/円(売)
  • 注文幅:0.03円以上
  • 利確幅:0.05円(500円の利益)
  • 通貨数量:1ポジションにつき0.1万通貨ずつ
  • 取引方針:ペソ円の評価損益を下回っている時のみ取引

 

メキシコペソ/円は過去最安値までの値幅が小さいので、少ない資金で比較的安定的に利益を出すことができます。(1ペソ4.87円が最安値)

 

スワップポイント値も高いので、ペソの値が下がっていってポジション量が膨れ上がってきたとしてもスワップで利益を出すことができます。

 

上手く運用できることが証明されれば会社を辞めてもお金に困ることのないセミリタイア生活も実現可能になるかもしれません。

 

当ブログでは、FX取引で稼いだ実績を毎週公開しています。FXによる資産運用に興味がある方は参考にしてみてください。

メキシコペソ/円運用実績カテゴリーへ

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村