ワードプレス4.9までの編集画面(エディター)に戻す方法

 

2018年12月7日から更新可能になっている、ワードプレス最新バージョン5.0の編集画面が非常に使いにくく、新規記事や今まで書いてきた過去記事も編集しにくくなっていたりで困っている方もいるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、今までの編集画面に戻す方法があることが分かりました。

 

ワードプレス4.9までの編集画面に戻す方法は、プラグインに『Classic Editor(クラシックエディター)』を入れるという方法です。

 

『Classic Editor(クラシックエディター)』プラグインを自身のワードプレスに入れることによって、元の編集画面での作業ができるようになります。

 

プラグイン導入作業も約5分で完了します。

 

よって、バージョンは最新の5.0を使用しながら編集画面だけは今までのエディターで作業することができます。

 

あの使いやすかった頃の編集画面に戻す流れ

それでは、ワードプレスのプラグインに『Classic Editor』を追加していきましょう。

 

まずは、ワードプレスのメニュー画面から『プラグイン』をクリックします。

 

次に、プラグイン画面の上部にある『新規追加』をクリックします。

 

キーワード検索爛に『Classic Editor』と入力してから検索します。

 

検索結果から『Classic Editor』を見つけ出して『今すぐインストール』をクリックします。した画面では『今すぐ更新』になっていますが、これは私は既にインストール済みだからです。

 

インストールが無事に完了したら『有効化』をクリックします。

有効化をクリックした後は『設定』をクリックします。

 

設定画面で『すべてのユーザーのデフォルトエディター』爛を『Classic Editor』に、『ユーザーにエディターの切り替えを許可します。』爛を『はい』にチェックを入れます。

 

これで、ブロックエディターから元のエディターに戻っていると思います。

 

バージョン5.0の新しいエディターを使いたい方は、上画像の『ブロックエディター』爛を選択すれば新しい編集画面を使えますよ。

 

雑談

このブログにも『Classic Editor』プラグインを入れたことで、今までの4バージョンの旧編集画面での作業に戻すことができました。

 

12月7日に適当に新しいバージョン5.0更新ボタンをポチっと押したら、『ブロックエディター』という編集画面になっていました。

 

ブロックエディターでの編集作業に慣れるために、あれこれ調べながら明け方まで格闘した結果、バージョン4.9にダウングレードするしかないという結論にいたりました。

 

ですが、ダウングレードするとなるとシステムやセキュリティー等々の問題が生じるとのことなので、他になにか手はないかと調べているうちに手軽にプラグインで元に戻せるという情報に行きつきました。

 

私の場合は、もしこれからブロックエディターでの編集に慣れたとしても、今までのクラシックエディターでの編集作業の2倍の時間がかかりそうです。

 

バージョン5.0の新しいエディターを使いたくなった時は、設定画面で『ブロックエディター』爛を選択すれば新しい編集画面を使えるので、現状ブロックエディターでの編集に困っていてクラシックエディターでの作業に戻したい方はインストールしてみてはいかがでしょうか。