全世帯に布マスクを2枚配布予定!?

 

安倍内閣総理大臣が新型コロナウイルスの感染症対策本部で、全国5000万以上の全世帯に布マスクを2枚配布する方針があることを表明しています。

 

コロナ感染者数が多い都道府県から順番に配布していく予定だそうです。

 

いや~すごくありがたい経済対策ですね!さすが安倍政権だと言わざるを得ません。

 

最近は安倍首相自身もマスクを着けている映像を見かけるのですが、小学校の給食当番のマスクのような小さいやつを着けています。

 

1人につき2マスクではなく、1世帯につき2マスクという点にも衝撃が走りましたね(; ・`д・´)

配布される布マスクの値段はいくらいくらい?

 

コロナ感染が拡大しだしてからはマスク(特に使い捨てマスク)の品切れ状態が続いており、布マスクも入手が困難になっています。

 

とはいえ、洗える系のマスクはネット通販でも手に入れることができ、値段は大体1,000~2,000円といったところです。

 

安倍首相が着けている給食のおばちゃん的なやつは100~300円くらいでしょうか。

 

配布される布マスクはどれくらいのクオリティなのかは判断できませんが、間をとって1枚あたり1,000円だと思っておきましょう。

 

送料80円だと仮定して、全国5000万超の全世帯に配ろうと思うと送料だけで40憶円かかります。

 

まとめると以下の通り。

  • 布マスク :2枚2,000円
  • 全世帯配布:1,000億円
  • 送料   :40億円
  • 合計   :1,040億円

政治家の頭の中

 

政治家の皆さまは一般庶民よりも絶対に頭が良いに違いありません。

 

そんな頭が良い人達が集まって考え、出した答えが『1世帯につき布マスク2枚配布』だということですよ。

 

国の政策を批判するつもりはありませんし安倍首相の決断をバカにするつもりはありませんが、さすがにこれは…賛同する人は皆無なのではないでしょうか。

 

布マスクを配布することによって薬局やスーパーでマスクを探し回る必要がなくなるので、コロナ感染の拡大防止に繋がるため効果的!だと思っているのかもしれませんね。

 

しかも布マスクなので何回でも洗って使えます。

 

政治家の皆さまは一般庶民よりも絶対に頭が良いに違いないと思っていたのですが、もしかすると実はそうとは限らない可能性も出てきました。

エイプリフールネタの可能性

 

マスク2枚配布の方針が明らかになったのは2020年4月1日。

 

つまり、4月1日はエイプリルフールなので笑えないネタである可能性があります。

 

もしネタであれば後日ネタ明かしをする必要があるのですが、このブログ記事をアップする段階ではまだマスク2枚配布はエイプリルフールネタだったという事実が明らかにされていません。

 

マスクの需要と供給は安定に向かっていると発表していたのにもかかわらず、いつまで経っても不足状態が続いており定価で買えない日々が続いています。

 

ショボすぎて笑えない対策

 

コロナ感染初期の頃、マスクはあまり効果が無いと言っていたような気がするのですが、それはどうなったのでしょうか。

 

首相官邸のホームページで、新型コロナウイルスに対するマスクの予防効果についての記述が以前はありました。

「予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では1つの感染予防策と考えられ、屋外などでは、相当混み合っていない場合の効果はあまり認められていません」

 

1人2枚ではなく1世帯2枚なので、もし4人家族であれば2人で1枚のマスクを共用しなくてはいけなくなります。

 

2人で横に並んでお互いの両端の耳に紐を着ければなんとかなるかもしれませんが、その場合はマスクがかなり横長でないと口を包むことができません。

 

もしマスクが横長ではなかった場合の対処法ですが、横に並ぶのではなく縦に並んで前方の人がマスクを装着する手段も有効です。

 

そうなってくると後方の人がマスクを装着できませんが、前方の人の後頭部に密着することによって感染防止対策はバッチリです(`・ω・´)