新興国通貨のスワップ積立ほったらかし投資は実は稼ぎにくい

 

当ブログでは、新興国通貨『メキシコペソ』『南アフリカランド』のFX運用実績を公開しています。

 

以前までは、ある一定の金額をFX口座に突っ込んで数万通貨ポジションを買い、そのままほったらしかしておいて日々のスワップポイントを貰っていました。

 

通貨の値が下がっていく分には気にならなかったのですが、自身が買った値よりもかなり上昇した時に決済してしまうかどうが相当悩んだことがあります。

 

ポジションを手放してしまうとスワップポイントを受け取り続けることができなくなるが、今ポジションを売ってしまうとかなりの為替差益を受け取ることができるという葛藤です。

 

結局は誘惑にまけて含み益が出ている時点でポジションを決済してしまったのですが、そのままほったらかしておいてスワップポイントを稼ぎ続けるよりも効率的だという結論に至りました。

 

このページでは、スワップポイント狙いで新興国通貨を保有している場合でも買ったり売ったりして利益を出したほうが良いという結論に至ったのかを解説していきます。

 

高金利通貨3兄弟と言われている『メキシコペソ・南アフリカランド・トルコリラ』をスワップ狙いの長期運用をしようと思っている方は参考にしてみてください。

私のメキシコペソ/円の運用実績

 

2019年5月4週目からの運用実績を見ても分かる通り、スワップ益と同じくらいの値動きのよる売買利益を得ています。

 

メキシコペソ/円のスワップポイント値は平均して大体1万通貨あたり1日約15円程。

 

たとえば100万通貨保有していた場合は1日約1,500円分のスワップポイントを受け取ることができます。

 

対して値動きによる売買利益は、たとえば5.50円の時に1万通貨買ったとして、値が5.65円まで上がれば1,500円の為替差益を受け取ることができます。

 

強制ロスカットを避けるために安全圏でメキシコペソ/円を100万通貨保有するとなると、最低でも200万円はFX口座に入れておきたいところです。

 

1万通貨だけ保有するのであれば2万円あれば安全圏です。

値が上がった時に決済したくなるのは正常

 

1万通貨あたり1日約15円のスワップを貰える通貨を100万通貨保有した状態でほったらかしておいたとしても、スワップだけだと1日約1,500円しか稼ぐことができません。

 

値動きによる売買で利益を上げるのであれば、たとえば5.50円の時に1万通貨買っておいて5.65円の時に売れば1,500円の為替差益をゲットできます。

 

この値上がりによる為替差益を狙わないのは損失でしかないと考えます。

 

ポジションを手放してしまうと新たにポジションを買わない限りスワップポイントを受け取ることはできなくなりますが、決済すれば利益が出せるポジションを見過ごしてしまうのももったいない限り。

ドルコスト平均法は長期的にレンジ又は右肩上がりな投資先にのみ有効

 

ドルコスト平均法とは、ある一定の時間や期間を決めて、ある一定の額を購入していくという積立投資法のことです。

 

高金利通貨である『メキシコペソ・南アフリカランド・トルコリラ』をドルコスト平均法で買っていくというスワップ運用実績を公開しているブログ・SNS・youtube等をよく見かけます。

 

ですが、ドルコスト平均法は値が右肩上がりでである投資先でないと有効とは言えません。

 

以下の画像はトルコリラ/円の2010年から2019年までのチャートですが、2010円頃は1トルコリラ約60円だったのが今では1トルコリラ20以下にまで下がっていることが分かります。

 

他の高金利通貨も右肩上がりとは言えないチャートパターンを構成しています。

 

右肩下がりである投資先にドルコスト平均法を用いて買っていくと、値下がり分の損失とスワップポイントの利益でプラマイ0にしかならない可能性が高いと言わざるを得ません。

 

結論『少額で買い、値が上がったら売る』

 

長期的に見てレンジ相場ではない新興国通貨を、スワップ狙いでガッツリ買い込むのはかなり危険。

 

泥沼にはまってしまい大量の資金を失ってしまう可能性があります。

 

結論としては、新興国通貨は少額でコツコツと買っていき、もし値が上がることがあれば決済するという手法がシンプルに稼ぎやすいです。

 

少額でコツコツ買って、値が下がったらスワップを貰いながら耐えて、値が上がったら決済する、を繰り返して利益を出していきましょう。

 

当ブログでは、その方法で新興国通貨『メキシコペソ』『南アフリカランド』を運用して、毎週実績を公開しています。

メキシコペソ/円の運用実績カテゴリーへ

メキシコペソ/円の運用実績カテゴリーへ

 

もしFX投資に興味があるという方は参考にしてみてください。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。