楽天スーパーポイントを有効に使いきる方法まとめ

 

楽天サービスを利用したり楽天市場でお買い物をすると、楽天スーパーポイントがたくさん貯まっていきます。

 

貯まった楽天ポイントは単純に楽天市場でお買い物をする時に使う以外にも様々な使い道があります。

 

楽天市場で買物をする際に楽天ポイントを使ってしまうと、楽天ポイント使用後の金額から付与ポイント数が計算されてしまうため、できれば楽天市場で楽天ポイントを使わずにとっておきたいと考える人も多いようです。

 

ちなみに、私がよく利用している楽天ポイントの消費方法は、楽天カードの引き落とし金額にポイントを充当する方法。

 

このページでは、楽天ポイントをお得かつ有効に使う方法をいくつか紹介していきます。

 

楽天ペイの使い方に関しては以下のページで解説しているので参考にしてみてください。

スマホアプリで支払いが簡単にできるお得な『楽天ペイ』の使い方

楽天ふるさと納税で寄付する

 

楽天市場でふるさと納税をすることができ、楽天ポイントで寄付金支払うことも可能になっています。

 

ですが、楽天ポイントで納税すると楽天ポイント使用後の金額から付与ポイント数が計算されてしまうため、楽天ポイントを使わずに納税したほうがお得といえばお得。

 

楽天ポイントの使い道としてはかなり有効だと言えるので、ふるさと納税に寄付する分は付与ポイント数にこだわらずにポイントを使うという考え方でも良いと思います。

 

楽天ふるさと納税については以下のページで解説しているので参考にしてみてください。

ポイントサイト経由での楽天ふるさと納税がおすすめ

 

10,000ポイント以上の期間限定ポイントが貯まっている時は、楽天ふるさと納税が最有力候補。

楽天カード利用分を楽天ポイントで支払う

 

楽天カード引き落とし分に楽天ポイントを充当する方法。(通常ポイントのみ利用可能)

 

楽天e-NAVIから申し込むだけで、楽天ポイントは楽天カードの支払いに充てることが可能になりました。

 

楽天カードをメインクレジットカードとして利用しているのであれば、カード支払い分にポイントを充てておけばOK。

 

毎月12日〜20日までに楽天ポイントを支払分に使うことを楽天e-NAVIで申請するだけです。

 

ルールとして充当ポイント分に制限があり、ダイヤモンド会員なら50万円まで・ダイヤモンド会員以外は10万円分まで支払いに充当可能です。

 

楽天カードで電気代等の固定費を支払っているのであれば、間接的ではありますが楽天ポイントで固定費を払っているのと同様ということに。

 

楽天カードの還元率自体は1%ですが、楽天カードで楽天サービスを利用したり楽天市場でお買い物をすると、楽天スーパーポイントがたくさん貯まっていくのでオススメですよ。

 

詳しくは以下のページで解説しているので参考にしてみてください。

楽天ポイントで月々の楽天カード支払い分を充当するやり方・解説

 

通常ポイントの使い道の最有力候補。

楽天ペイに対応している店で楽天ポイントを使う

 

楽天ペイに対応しているネットショップや街のお店でのお支払い時に、楽天ポイントを使用することができます。

 

ネットショップでの楽天ペイ対応店舗は、スマホに楽天ペイアプリをダウンロードしておき、楽天会員IDでログインするだけで簡単に楽天ポイントを支払に使うことが可能。

 

街中のお店での楽天ペイ対応店舗は、楽天ペイアプリを開いてバーコードを表示したりQRコードを読み込むことで楽天ポイントを支払に使うことが可能。

 

購入時に使える楽天スーパーポイントは1回あたり30,000ポイントまでとなっています。

 

楽天ペイを使える主な対応サイトは以下の通り。

  • 無印良品
  • サンプル百貨店
  • 東急百貨店ネットショッピング
  • DMM.com

楽天ペイ 使えるサイト

 

街中の楽天ペイ対応店舗は以下の通り。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 松屋
  • Joshin

楽天ペイ 使える店舗

 

コンビニや牛丼屋で楽天ポイント(期間限定ポイントも使用可能)なので、ポイントの使い道に困ることは少なくなったのではないでしょうか。

 

これから対応店舗が増えてくることも予想されます。

 

楽天ペイのサイトにある『よくある質問』ページを読んでいると、コンビニで楽天ペイを利用しての上限金額は1日あたり1回4,000円までとなっており、購入時に使える楽天スーパーポイントは1回あたり30,000ポイントまでとなっています。

 

実際にコンビニで検証したわけではないので確証はありませんが、コンビニで楽天ポイントを使う場合は1回あたり(1日あたり)4,000ポイントまでが上限と思っておいたほうがいいでしょう。

 

コンビニで1日4,000円分も商品を買うことはほとんど無いと思いますので、4,000円上限はあまり気にならない設定だと個人的には考えています。

 

さいごに

 

楽天ポイントは様々なサイトや街の店舗で利用することができるので、使い道に困ることは少なくなってきています。

 

楽天市場では楽天ポイントを貯めるキャンペーンを毎日開催しているので、日々のお買い物を楽天市場に集中させることでポイントが貯まっていきますよ。

 

流れとしては、楽天で楽天ポイントを貯めて、楽天で楽天ポイントを使わずにそれ以外の場所で使うのが効果的。

 

楽天市場でお買い物をする際は、ポイントサイト『ハピタス』を経由させておくとさらにお得ですよ。

ハピタスを経由して楽天市場で買物をするとポイントが貯まりやすい

 

▼ハピタス無料会員登録はこちらからどうぞ▼
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

【ハピタス】友達紹介制度が超優秀なハピタスに会員登録する方法

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング