Amazonをよく買物をされている方であれば、一度は『Amazonギフト券』を利用されたことがあるのではないでしょうか。

 

Amazonギフト券を使えばアマゾンのほとんどの商品を購入でき、現金やクレジットカードの代わりとなってくれるものです。お祝いの贈り物としても利用されています。

 

そんな便利なAmazonギフト券の購入方法は様々で、直接アマゾンで手に入れたり、コンビニで購入したり、『個人売買サイト(転売サイト)』を利用して買うこともできます。amaten等の個人売買サイトを利用してAmazonギフト券を購入すると、通常価格の10%割引で手に入れることも可能なのですが、「うまい話しには裏がある」とはこのことを言うのかもしれません。

 

今回は、個人売買サイトを利用して安くAmazonギフト券を手に入れるリスクをについて解説していきます。

個人売買サイト利用の危険性

 

Amazonギフト券を通常よりも10%程安く購入できる個人売買サイト(転売サイト)はいくつかあり、安く手に入れられるという理由だけで特に疑問も悪意もなく利用したことがあります。

 

ですが、ネット等で「Amazonギフト券を個人売買サイト(転売サイト)で購入すると詐欺にあう可能性がある」という情報をチラホラと目にすることが増えてきたためアマゾンで調べてみたところ、アマゾンではAmazonギフト券の個人売買は認めていないとのこと。

 

「amatenで手に入れたAmazonギフト券がアマゾンに登録できない!」等のトラブルは以前から知っていたので、トラブルを回避しながら利用していればOK的に考えていたのですが、どうやらそんな甘い話ではなかった模様。

個人売買サイトで手に入れたAmazonギフト券使用は規約違反

実際に詐欺被害にあっている方がいるにもかかわらず、人は自身が実際にトラブルに巻き込まれるまで、自分には関係のないことだと思ってしまうところがあります。

 

個人売買サイトで購入したAmazonギフト券をアマゾンに登録することができればOKというわけではなく、登録後でも不正に取得された可能性があるAmazonギフト券は使えなくなる場合があると、アマゾンの規約に明記されています。さらにはアマゾンのアカウントが凍結・閉鎖される恐れもあるとのこと。

ギフト券凍結とアカウント閉鎖の恐れ

 

個人売買サイトでAmazonギフト券を安く手に入れて、無事にアマゾンに登録できたとしても、不正に転売されているギフト券だった場合は登録後からでもギフト券が凍結されて、さらには自身のアマゾンアカウントまで閉鎖されてしまうという恐れがあります。

 

そうなってしまうと、自力で解決することはほぼ不可能。かなり面倒なことに巻き込まれてしまい、貴重な時間と労力が失われる危険性大です。

 

そんなリスクを負ってまで個人売買サイトを利用するのはいかがなものでしょうか。必ずトラブルに巻き込まれるというわけではありませんが、詐欺被害にあう可能性はつきまといます。

アマゾンからのお知らせ

個人売買サイトで購入したAmazonギフト券をアマゾンは認めていないということは、以下のように明記されています。

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

本Eメールは、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券の登録履歴があるお客様にお送りしています。

Amazon.co.jpが承認していない転売サイトにおいて、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券が販売される事例の報告を受けております。未承認のサイトから購入したAmazonギフト券につきましては、トラブルが発生してもAmazon.co.jpでは一切責任を負いかねますので、ご注意くださいますようお願いいたします。下記のサイトはその一例です。

・amaten  https://amaten.com/
・アマオク!  https://amaoku.jp/
・giftissue  http://giftissue.com/

Amazon.co.jpでは、細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券のロック(凍結処置)、および無効化を行っております。そのため、お客様に心当たりがない場合でも、詐欺の可能性により、お手持ちのAmazonギフト券が使用できなくなる場合があります。

Amazonギフト券を使用できなくなった際は、必要に応じて、ご自身で購入先または警察等、公的機関までご相談ください。また、Amazon.co.jpにて該当するAmazonギフト券の状況確認、および調査への協力はできませんのであらかじめご了承ください。

なお、不正なAmazonギフト券のご登録が繰り返し確認された場合は、警察等公的機関への報告やAmazonアカウントの閉鎖を含め、さらなる対応をとらせていただく場合があります。アカウント閉鎖の際は、その時点で残っているAmazonギフト券、Amazonポイントおよびクーポンが無効となりますことをご留意ください。

参考:Amazonギフト券のご購入に関する注意
https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=4705466051

 

アマゾンから届くかもしれないEメール内容と、アマゾンに明記されている文章を引用させていただきました。これらを読むかぎり、まだトラブルに巻き込まれてなかろうと、個人売買サイトで買ったAmazonギフト券を使用することはアウトだということが分かります。

転売サイトで安く購入できる理由

 

個人売買サイトで買えるギフト券はなぜ安いのかと言うと、なにかしらの不正な方法でギフト券を手に入れた人が、不正がバレる前に早く売り払ってしまいたいため。

 

たとえば、振り込め詐欺者がギフト券を騙し取り、それを個人売買サイトで売り飛ばして利益を得るという流れ。そんなルートで流れてきたギフト券を、知らず知らずのうちに一般の方が割引価格で購入するというパターンもあります。

 

詐欺被害者が詐欺にあったことをアマゾンに届け出るとAmazonギフト券は凍結されます。そして、何も知らずに個人売買サイトで購入してアマゾンに登録したユーザーのAmazonギフトは、使いものにならなくなってしまいます。

 

何も知らずに手に入れたとはいえ、そんなギフト券が凍結されてしまうのは当然なこと。公式で認められていないギフト券売買サイトを利用することは、極めてリスク大だと言えます。

返金は諦めるしかない

個人売買サイトで不正に取得されたAmazonギフト券を購入し、アマゾンに登録が完了してから後に、登録したAmazonギフト券が凍結・没収されてしまった場合の返金方法はあるにはあります。

 

ですが、自身が不正に取得したギフト券ではないという証拠をそろえ、個人売買サイトでの出品者と連絡をとり、アマゾンに被害報告をして、もめそうなら第三者機関にも相談する必要が出てきます。

 

そこまでしても、返金されないことも普通にありえます。全てうまくいって無事に返金されたとしても、自身のアマゾンアカウントにキズがついてしまって信用を失うことに。

さいごに

アマゾンに明記されているお知らせ文中にある要注意サイト以外の個人売買サイトも当然ながら利用リスク大です。ヤフオク等で手に入れることも同様。

 

アマゾンにお知らせに明記されている内容は、個人売買サイトやヤフオクが危険だということではなく、個人売買サイトやヤフオクで手に入れたAmazonギフト券の使用は認めていなということです。

 

個人売買サイトやヤフオクの全てのギフト券が、詐欺等で出回っているものというわけではありませんが、詐欺等の不正な方法で取得したギフト券を知らず知らずのうちに購入してしまう危険性があるということ。

 

今後、個人売買サイト等を利用し続けてもトラブルに巻き込まれない可能性はありますし、10%割引でAmazonギフト券を手に入れられるという魅力もあるのですが、詐欺の片棒だけは担ぎたくはないのではないでしょうか。

 

危ない橋をわたってまで安くせずとも、10%割引とまではいきませんがお得にAmazonギフト券を手にいれる方法はあります。公式に認められていないギフト券売買サイト利用は、できれば控えておくことが無難だと言えそうですね。

 

にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング