FX『ボラティリティ』の意味とは?適切な戦略を立てて取引しよう

FXでのボラティリティとは

 

FXでの『ボラティリティ』とは、取引可能通貨ペアの為替レートにおける値動きの幅のことをいいます。

 

ボラティリティの割合は高低で示すことが多く、値がよく動いている時はボラティリティが高い、値があまり動いていない時はボラティリティが低い、と表現されています。

  • 値がかなり動く :ボラティリティが高い
  • 値がほぼ動かない:ボラティリティが低い

 

短時間に値が下落または上昇したという現象を言い換えると『値のボラティリティが高かった』となります。

 

ボラティリティが高い(値動きが激しい)通貨ペアの代表としては『ポンド/円』や『ポンド/米ドル』等の、ポンドを含む通貨ペアが挙げられます。

 

他にも、流動性が低い通貨ペア(マイナーな通貨ペア)は、突発的にボラティリティが高くなることがあるのが特徴的。

 

FXでのボラティリティとは、通貨ペアの値動きの度合いを意味します。

ボラティリティが高い場合の取引方法

 

各通貨ペアによってボラティリティに高低差があり、取引する時間帯によってもボラティリティに高低差が出てきます。

 

値動きによる利益(キャピタルゲイン)が出やすいタイミングを狙いたい時は、ボラティリティが高い通貨ペアでボラティリティが高い時間帯に取引することが理想。

 

キャピタルゲインについては以下のページで解説しているので参考にしてください。

 

ボラティリティが高い相場状況では利益を出しやすい反面、損失も出してしまう可能性も高まるので、細かく損切り設定をする等のリスクコントロールが必要になります。

 

FXを始めて間もない人や資金不十分なトレーダーは、ボラティリティが高い通貨ペアは避けておいたほうが無難とも言われています。

ボラティリティが低い場合の取引方法

 

ボラティリティが低い時間帯やボラティリティが低い特徴がある通貨ペアは、一つのポジションのロット数量を増やしてトレードをすることで利益を出しやすくなります。

 

ポジションについては以下のページをチェックしてください。

 

大きな金額をかけることで、値がほぼ動かない時でも利益を出していくことができます。

 

ですが、突発的に値が動いてしまったときに大きな金額をかけていた場合は、大損失を出してしまう危険性もあります。

 

大きく値が動いて含み損を抱えてしまわないように、事前に損切り設定をしておきましょう。

 

強制ロスカットを喰らわないように資金を充分な資金を入金したうえで、あえての含み損前提でポジションを保有していくという手法もあります。

 

ボラティリティが低い通貨ペアは、含み損を抱えてしまうことを前提とした取引(スワップポイント狙い)が効果的です。

ボラティリティの高低が変化するタイミング

 

FXは基本的に平日24時間取引をすることが可能です。

 

取引自体は24時間可能なのですが、それぞれの時間帯によってボラティリティの高低に違いがあり、全然値が動かない時間帯もあれば値がよく動く時間帯もあります。

 

値がよく動く時間帯は、ロンドン市場が開く17時からと、ニューヨーク時間が開く21時過ぎから。

 

市場が開いている時間(日本時間)

  • オセアニア時間 :6時~8時
  • 東京時間    :8時~15時
  • ロンドン時間  :15時~21時
  • ニューヨーク時間:21時~6時

 

ボラティリティが高い時間帯

  • ロンドン時間:17時~19時
  • ニューヨーク時間:22時~0時

 

ボラティリティが高い時間帯に取引をしたいのであれば、ロンドン時間の17時~19時とニューヨーク時間の22時~0時が狙い目です。

 

オセアニア時間と東京時間はあまり値が動きません。

 

ボラティリティの高低を判断する方法

 

FXにはボラティリティが変化する時間帯があり、各通貨ペアによってもボラティリティに高低差があります。

 

ですが、ボラティリティが高い時間帯だからといって必ずボラティリティが高くなるわけではなく、ボラティリティが低い通貨ペアだからといって常にボラティリティが低いわけではありません。

 

では、どうやってボラティリティの高低差を判断するかというと、為替チャートに表せるインジケーターというものを利用します。

 

ボラティリティ状況を判断するのに最適なインジケーターとして有名なのが『ボリンジャーバンド』になります。

インジケーター『ボリンジャーバンド』とは

 

ボリンジャーバンドは、ボラティリティ状況を判断するのに適しています。

 

チャートを見るだけで活発に値が動いているのかどうかが判断できる優れもの。

 

値動きの度合いによってローソク足の上下にある線(バンド)の幅が拡大したり縮小したりします。

 

為替チャートにインジケーターを設定するのは多少難しいかもしれませんが、トレードをする時の判断材料として効果抜群なので少しずつ慣れていきましょう。

 

さいごに

FXでの『ボラティリティ』とは、取引可能通貨ペアの為替レートにおける値動きの幅のことです。

 

ボラティリティが変化する時間帯があり、各通貨ペアによってもボラティリティに高低差があります。

 

ボラティリティが高い時間帯に取引をしたいのであれば、ロンドン時間の17時~19時とニューヨーク時間の22時~0時が狙い目。

 

ボラティリティが低い通貨ペアは、含み損を抱えてしまうことを前提とした取引(スワップポイント狙い)が効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました