FX取引で不要ポジションを損切りできるようになるコツ

 

FX取引をしていると、自身が想定していない方向に値が動くことがよくあります。

 

そういった場合は、一旦保有ポジションを手放してしまってから新たに戦略を立て直したほうがトータル的には利益が出たりもします。

 

ですが、損切りをしてしまわなくとも値が戻ってきて利益が出るかもしれないという考えが頭をよぎると、なかなか損失を確定することができません。

 

値が自身の想定通りに動かないことのほうがよくあるので、その都度損切りしていると損失ばかり出てしまい『損切り貧乏』状態になってしまいます。

 

ネットの記事や投資本を読むと、必ず『損切りは必須』と書かれています。

 

損切りは必要なこととはいえ、教科書通りに取引していてはいつまでたってもお金は貯まっていきません。

 

このページでは、損切り貧乏にならないための損切り手法について解説していきます。

 

結論としては…

  • 損切りは必須
  • とはいえ、教科書通りにやっていては利益は出ない
  • 自身の損切りルールを決めよう

損切りとは

 

『損切り』とは、自身の資産が減っていく状況を断ち切ってしまう行為のことをいいます。

 

損切りをしないままにしておくと、損失だけがどんどん広がっていき取り返しのつかない状態になってしまう可能性があります。

 

そのような状態を回避するために、損失しか生まない病原体を見切ってしまうことで自身の資産を守るという行為。

FXでの損切りの必要性

 

FXには『強制ロスカット』という機能が備わっています。

 

強制ロスカットとは、ある一定ラインを下回ってしまうと強制的に損切りが実行されてしまう機能。

 

証拠金維持率が各FX会社の指定したラインを下回り強制ロスカットが実行されてしまうと、自動的に損失が確定しFX口座に入れていた資金を全額失ってしまいます。

 

証拠金維持率については以下のページを参考にしてみてください。

 

口座に入れているお金を全額失ってしまう前に、自身で損失を確定させて強制ロスカットという最悪のパターンだけは回避しようという考えです。

とはいえ損切り貧乏にはなりたくない

 

FXは9割の人が負けていると言われており、すなわち値がどちらに動くか予想するのは非常に難しいという結果があります。

 

ネットの記事や投資本を読み漁り、為替相場に影響がありそうなニュース等を隅々までチェックしても、私たち一般人には値動きを見極めるのは無理と言い切ってしまってもいいかもしれません。

 

去年はトータルで100万円分勝ったとしても今年200万円負けることも普通にあります。

 

損切りの必要性は理解していても、どうしても損切りをしたくないという場合は、これから解説する方法でトレードをしてみましょう。

長期的にレンジ相場になっている通貨ペアで取引&塩漬け

過去をさかのぼって長期的に同じくらいの値を行ったり来たりしている通貨ペアを選定して取引をします。

 

たとえば、過去20年間の米ドル円為替チャートを見ると大体100~110円を中心として上下にウロウロしていることが分かります。

 

これならば、110円より上に値があるときは空売りでポジションを建てて、110円より下に値があるときは買いでポジションを建てれば、いずれは利益が出る可能性大。

 

必ずレートが戻ってくるという保証はありませんが、一般人が値動きを予想するよりかははるかにマシで確実性があります。

 

値が戻ってくるまでポジションを塩漬け(ほったらかし)にしておけば、いずれは利益を出すことができます。

 

この方法の注意点としては、値がどこまで下がったら強制ロスカットされてしまうのかを把握しておく必要あり。

通貨数量を少額にする

上記の方法に付け加えるとさらに効果的なのは、ポジションの通貨数量を少額にして負担を軽減する方法です。

 

大きな金額で一気にポジションを建てるのではなく、少額で小刻みにポジジョンを建てたうえで、値が上がってくるまでひたすら塩漬けておきます。

 

自身の口座資金範囲内で強制ロスカットラインを計算しながらの取引きなので、一攫千金は狙えませんがコツコツと利益を出すことが可能。

 

注意点としては、歴史的な暴落ショックが発生したときに正常な精神を保てずに、資金管理が徹底できず、コツコツ稼いできた利益をドカンと失ってしまう危険性があるということです。いわゆる『コツコツドカン』というやつ。

 

ポジションを損切りせずに塩漬けすることが前提の手法は、為替相場の急変動による危険性がともなうということを理解しておきましょう。

 

さいごに

 

ネットの記事や投資本を読むと、必ず『損切りは必須』と書かれており、損切りの必要性を理解しておく必要があることは分かります。

 

ですが、損切りをしてしまわなくとも値が戻ってきて利益が出るかもしれないという考えが頭をよぎると、なかなか損失を確定することができません。

 

損切りは必要なこととはいえ、教科書通りに取引していてはいつまでたってもお金は貯まっていかないのも事実。

 

私たち一般人には為替相場を予想するのは不可能。

 

したがって、レートが予想と反対の動きをした時に損切るのも良いですが、自身の投資手法に反したポジションを建ててしまった場合や、自身の投資手法に変更を加えた場合に損切りを行なうみたいな、自身のロスカット(損切り)ルールを決めておくべきです。