FX初心者でもFXで稼ぐための仕組み解説

 

FXとは『Foreign Exchange』の略で、日本語に翻訳すると『外国為替証拠金取引』といい、外国の通貨を買ったり売ったりして利益を出す取引です。

 

国内FXではレバレッジ25倍までの証拠金取引ができるため、本来必要な資金の25分の1の資金で取引することができます。

 

FXや株という言葉は聞いたことがあるけど、危険なイメージが先行していて仕組みはよく分からず手を出せないでいる方は大勢いると思います。

 

仕組みを理解して堅実にお金を運用することができるようになれば、お金でお金を生み出せるようになります。ぜひ参考にしてみてみください。

外国の通貨に交換する

 

自身が持っている資金(円)をFX取引業者に預け、円を米ドル等に交換します。

 

交換した通貨(米ドル等)の価値が交換した価格よりも高くなったタイミングで円に交換すれば儲けが出るという仕組み。

 

海外(アメリカ等)に旅行に行くとき、旅行先でお金を使えるように空港で円をドル等に交換すると思います。

 

現地でお金を使用するために自国の通貨を旅行先の通貨に交換する行為も、ザックリ言えば外国為替です。

FXの証拠金取引とは

 

外国為替とは通貨を交換する行為のことを指しますが、FX(外国為替証拠金取引)とは『25分の1の資金で買ったり売ったりすることができる取引』のことを言います。

 

それぞれの国の通貨は刻々と価値が変動していますが、たとえばアメリカの通貨(米ドル)を1ドル100円の時に1万ドル買うとなると100万円用意しなくてはいけません。

  • 1ドル=100円の場合
  • 1万ドル=100万円(10,000×100)

 

ですが、FX業者を通して外国為替をすることで25倍のレバレッジをかけて取引をすることが可能になるので、1ドルが100円の時に1万ドル買うのに本来は100万円必要なところ、25分の1の資金である4万円(証拠金)で買うことができます。

  • 1ドル=100円の場合
  • 1万ドル=100万円(10,000×100)
  • レバレッジ25倍=4万円(1,000,000÷25)

 

レバレッジをかけることによって少ない証拠金で外国の通貨を取引することが可能。

安く買って高く売る

外国為替証拠金取引で、米ドルが1ドル105円まで下がった時に1万ドル買って、1ドル115円まで上がった時に売るとします。

 

1ドル=105円の時に買って1ドル=115円の時に売るので10円分の利益になります。

 

1ドル=105円の時に1万ドル買っておき1ドル=115円の時に1万ドル売ったので、今回の取引では10万円の利益が出る計算になります。

  • 10円×1万(10×10,000=100,000)

 

105円の時に買っているので、この取引に必要な証拠金は4万2千円になります。

  • 1ドル=105円の場合
  • 1万ドル=105万円(10,000×105)
  • レバレッジ25倍=4万2千円(1,050,000÷25)

 

今回は1万ドル買った場合を想定して解説しましたが、FX業者によっては1ドルから取引が可能。

高く売って安く買う

FXには『空売り』という仕組みがあり、売りから取引を開始することもできます。FX取引では一般的な売買と違い、まだ買っていない通貨を先に売ることが可能。

 

米ドルが1ドル115円まで上がった時に1万ドル売って、1ドル105円まで下がった時に買うとします。

 

1ドル=115円の時に売って1ドル=105円の時に買うので10円分の利益になります。

 

1ドル=115円の時に1万ドル売っておき1ドル=105円の時に1万ドル買ったので、今回の取引では10万円の利益が出る計算になります。

  • 10円×1万(10×10,000=100,000)

 

115円の時に売っているので、この取引に必要な証拠金は4万6千円になります。

  • 1ドル=115円の場合
  • 1万ドル=115万円(10,000×115)
  • レバレッジ25倍=4万6千円(1,150,000÷25)

 

今回は1万ドル売った場合を想定して解説しましたが、FX業者によっては1ドルから取引が可能。

FX取引の注意点

 

上記では、値が思い通りに動いた場合を想定して書きましたが、もちろん思い通りに値が動かない場合もあります。

 

例えば、1ドル=115円の時に1万ドル買った後に値が下がっていってしまい1ドル=105円の時に売った場合は、10万円の損失が出てしまいます。

  • 1ドル=115円の場合
  • 1万ドル=115万円(10,000×115)
  • レバレッジ25倍=4万6千円(1,150,000÷25)
  • 1ドル=105円まで下がると
  • 10万円の含み損(10×10,000=100,000)

 

損失を確定(売ってしまう)させなければ含み損として持ち続けることはできますが、自身がFX口座に入れている資金よりも含み損と証拠金の合計金額が上回ってしまうと強制的に損失が確定(強制ロスカット)してしまいます。

  • 口座資金10万円と仮定
  • 証拠金=4万6千円
  • 残り5万4千円
  • 5.4円以上下がったら強制ロスカット(54,000=5.4×10,000)

 

強制ロスカットを避けるためには、口座資金を追加するか強制ロスカットされる前に任意ロスカットするかのどちらかになります。

 

強制ロスカットされてしまうと、口座に入金していた資金は全て無くなってしまい、値動き次第では入金額以上の資金を支払わなくてはいけなくなる危険性があります。

 

さいごに

FXは少ない資金で稼ぐことができる反面、資金管理を徹底しないと大きく損をしてしまう危険性がある投資です。

 

言い換えれば、資金管理を徹底して無謀な取引をしなければ負けることはないと捉えることもできます。

 

値は上がるか下がるかのどちらかなので、買った場合は上がるまで待っていれば良いし、売った場合は下がるまで待っていれば良いです。

 

作業自体はお金を口座に入金して買うか売るかのどちらかを選択するだけなのですが、FX取引は損をする可能性があることを頭に入れておきましょう。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


ポイントサイトランキング