FX用語『ポジション』とは

 

FXでのポジションとは外貨の持ち高のことを言います。

 

持ち高とは何かというと外貨を買ったり売ったりして保有している状態のこと。

 

外貨を買っている状態であったり売っている状態を『ポジションを持っている』ことになります。

 

ポジションは決済するまで保有している状態が続き、ポジションを増やしたり減らしたりして利益を出していくことができます。

ポジションの呼び方・呼ばれ方

ポジションは『買い』で入ることも『売り』で入ることもでき、どちらの状態でポジションを保有しているかどうかで呼び方が変わります。

 

外貨の価値が上がると思ったら買いでポジションを保有し、外貨の価値が下がると思ったら売りでポジションを保有します。

買いで保有する場合
  • 買いポジション
  • ロングポジション
  • 買い玉(かいぎょく)
  • 買い建(かいだて)

 

売りで保有する場合
  • 売りポジション
  • 空売りポジション
  • ショートポジション
  • 売り玉(うりぎょく)
  • 売り建(うりだて)

 

よく使われている呼び方は『ロングポジション』『ショートポジション』で、それぞれを略して『ロング』『ショート』と呼ばれることが多いです。さらに略して『L(える)』『S(えす)』と呼ぶことも。

 

『ポジションを保有する』という言葉も様々な使われ方をしており、『ロングでポジる』『ショートポジ保有』等と言われていることもあります。

 

ちなみに、ポジションを保有していない状態のことを『ノーポジション(ノーポジ)』『スクエア』と呼ばれています。

 

新たにポジションを持つことを『ポジションメイク』だったり『ポジションを建てる』と言います。

『ポジションを決済する』とは

 

ポジションについては上記と通りで外貨を保有している状態のこと。

 

そのポジションを保有している状態を解消するには『決済』をする必要があります。

 

利益が出ている場合でも損失が出ている場合でも、ポジションを手放す行為のことを『決済する』と言います。

 

持っているロングポジションを売れば決済になり、持っているショートポジションを買えば決済になります。

 

ポジションを保有している状態では『含み損』または『含み益』が発生しており、決済をしない限りは利益や損失は確定しません。

 

外貨を買ってポジションを保有した後に買った外貨の価値が下がると『含み損』が発生し、買った外貨の価値が上がると『含み益』が発生します。売りでポジションを保有した場合はその逆。

保有ポジションの『塩漬け』状態とは

 

外貨を買ったり売ったりしてポジションを保有した後に、為替が損失側に動くと含み損が発生します。

 

含み損が発生しているポジションは決済しない限りは損失が確定しません。含み益ポジションも決済しない限り利益が確定しません。

 

できるだけ損失を確定させたくないために含み損は決済せずにそのまま放置しがちになり、ポジションを決済せずに持ち続けてしまって『塩漬け』状態になりがち。

 

決済すれば利益が出るポジションを決済しない状態も塩漬けと言います。

 

ポジションを決済せずに保有したままにしておくことで『スワップ』という利益を得る方法もありますが、明確な意図がない限り為替が想定の逆方向に動いた場合はポジションを『損切り』して次のトレードに挑みましょう。

保有ポジションを『損切り』するとは

 

『損切り(ロスカット)』とは、すでに保有しているポジションを手放して損失を確定させることを言います。

 

価値が上がると信じて買った外貨の価値が下がると含み損が発生します。

 

含み損が発生してもポジションを決済しない限りは損失は確定しませんが、含み損が増えすぎると強制的に損切(強制ロスカット)されて口座残高が0円以下になってしまう危険性があります。

 

強制的な損切りで全ての口座資金を失ってしまう前に避けるため、損失被害が大きくならないうちに手動でポジションを損切りしてしまうのも手段の一つ。

 

FXはポジションの保有期間に制限は無いので、利益が出るまで損切りせずに塩漬け状態にしてほったらかしておくこともできます。

ポジションの保有期間に制限なし

外貨を買ったり売ったりして保有しているポジションに保有期間はありません。

 

ですので、保有しているポジションが含み益になるまで持ち続けることができます。

 

長期的にポジションを保有する手法として、スワップ益を狙ったトレードというものがあります。

 

保有期間はありませんが、明確な理由が無い限りは損失がでているポジションは損切ってしまったほうが時間・資金効率面で有利という考えもあります。

 

まとめ

  • ポジションとは、外貨を買ったり売ったりして保有している状態のこと
  • ポジションは買いでも売りでも保有することができる
  • ポジションを保有していない状態を『ノーポジ』または『スクエア』と呼ぶ
  • ポジションを手放す行為を『決済』と呼ぶ
  • ポジションを手放さずに保有し続けることを『塩漬け』と呼ぶ
  • ポジションが含み損を抱えている状態であえて手放す行為を『損切り』と呼ぶ
  • ポジションの保有期間に制限は無い

 

FXは専門用語が多いですが、実は完璧に分かっていなくてもトレードをして利益を出すことができます。

 

安い時に買って高い時に売れば利益が出ますし、高い時に売って安い時に買っても利益が出ます。

 

本屋に売られているFXの本を全て読んて理解したとしても損失を出すこともあるので、まずはなんとなく程度に用語を覚えていきましょう。