FXの『スプレッド』の意味とは?

 

FX投資をするうえで『スプレッド』の意味は知っておかなくてはいけません。

 

ドル円のスプレッドが安いとか高いとか、あのFX証券会社のスプレッドは狭いとか広いという言葉が飛び交っています。

 

実はしっかりと意味を理解していなくてもFXトレードをすることは可能なのですが、知らない間に損をしていることになるかもしれないので、基礎知識だけは頭に入れておきましょう。

 

このページでは、スプレッドとは何なのか?ということと、スプレッドの計算方法を紹介・解説していきます。

スプレッドとは実質手数料のこと

 

スプレッドとは実質的な手数料(コスト)です。

 

FX証券会社の口座開設広告等に『取引手数料無料!』みたいなうたい文句を見たことがあるかもしれませんが、スプレッドが実質的な手数料になっています。

 

「手数料はかかりません!スプレッドはとりますけどね!」的な感じです。

 

FX証券会社によってスプレッドが安かったり高かったりしますが、どのFX会社を利用する場合でもスプレッドコストは必要。

 

取引する通貨ペアによってスプレッドが安かったり高かったりもします。

 

スプレッドは、『安い・高い』とは別に『狭い・広い』とも表現されますが、意味としては同じ。

表記方法が『銭』であったり『pips』の場合もある

 

スプレッドは『銭』であったり『pips』という単位で表記されています。

 

日本でのFXトレードは、主に円を売って外貨を買うという外貨/円の取引になっていて、日本で一番有名な通貨ペアとしては『米ドル/円』です。

 

米ドル/円は、円を米ドル円に換えてトレードをする通貨ペアで、米ドル/円のスプレッドは主に0.3銭。

 

『銭』で表記されている理由としては、日本でのFXトレードは主に外貨/円だからで分かりやすいため。

 

FXは外貨/円以外の通貨ペアもあるため、円を絡めない外貨/外貨の通貨ペアをトレードする場合は銭単位では分かりにくくなってしまうので、その場合の単位として『pips』が用いられます。

スプレッドの計算方法

一応『pips』単位も整理しておきましょう。

主な各国通貨の1pipsの価格
  • 日本:0.01円
  •  米ドル:0.0001ドル
  • ポンド:0.0001ポンド
  • 豪ドル:0.0001豪ドル

 

ここでは仮に、米ドル/円でFXトレードをするとして話を進めていきます。

 

米ドル/円は『業界最狭水準0.3銭』的な広告がよく出ているように、どこのFX会社でも基本的には一番スプレッドが安い(狭い)通貨ペアです。

 

0.3銭ということはつまり0.003円なので、米ドル/円が1ドル100円の時に100円分だけ米ドルに交換した場合は99.997円の価値になるという計算。

  • 1ドル=100円の時に米ドル/円を100円分買う
  • スプレッド0.3銭差し引かれる
  • 100円で買った米ドル/円の価値は99.997円になる

 

FX会社の最低取引数量は主に1,000通貨~になっているので、1つのポジションを買うのには1,000ドル買う必要があります。

  • 1ドル100円の時に1,000ドル買う
  • 1,000ドル=100,000円
  • スプレッド0.3銭の場合だと1,000倍で3円なので
  • 99,997円の価値がある米ドル/円ポジションになる

 

慣れないうちはよく分からないかもしれませんが、FXトレードを続けていると自然と頭に入ってくるようになります。

 

結論としては、スプレッドは安い(狭い)ほうが良いということになりますが、スプレッドを安くする以外のサービスを展開しているFX会社もあります。

 

1ドル100円の時に1,000ドル買うには10万円必要ですが、日本のFX会社では『25倍レバレッジ』をきかせることができるので、4,000円あれば1,000ドル分のポジションを保有することができます。

 

レバレッジについては別ページで解説しているので参考にしてみてください。

スプレッドは原則固定が多い

 

スプレッドは原則固定であるFX会社が多数です。

 

それぞれの通貨ペアによってそれぞれのスプレッドが設定されており、その数値は原則的には固定である場合が多くなっています。

 

あくまでも『原則』固定なので時間帯や時期によって変動します。変動するので原則という言葉を付け加えているわけですね。

 

FX会社によってそれぞれの通貨ペアに設定されているスプレッドが違うので、できるだけコストを抑えたいのであればスプレッドが安いFX会社を選定するのも手段の一つ。

 

個別通貨ペアのスプレッドが安いFX会社もあれば、全体的にスプレッドが安いFX会社もあります。

 

スプレッドを安くすること以外に力を注いでいるFX会社もあるので、スプレッドが安ければ良いとは一概に言えません。

 

まとめ

  • スプレッドとは実質的な手数料
  • 通貨ペアによって数値が異なる
  • FX会社によって設定値が異なる
  • 安ければ良いとは言いきれない
  • スプレッドコストをできるだけ抑えたいのであれば米ドル/円

 

どのFX会社を選んでも、基本的には米ドル/円が一番スプレッドが安くなっています。

 

できるだけスプレッドコストを減らしたいのであれば、トレードする通貨ペアはドル円が最適解。

 

スプレッド計算がややこしくてよく分からなくても、ドル円以上にスプレッドが安くて済む通貨ペアはほぼ無いと言っても過言ではないので、ドル円を選んでおくことで気づかないうちに無駄に損をする心配はありません。

 

スプレッド0.3銭が主に最安値になっているので、スプレッドが0.3銭以下に設定されている通貨ペアを選んでトレードすれば余計なコストが一番抑えられるということです。