楽天SPUとは、楽天市場のSuper Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)のことです。

 

楽天の各種サービスの利用によって楽天市場の買い物による獲得ポイントがアップする仕組みです。

 

ポイント経済圏と言えば楽天経済圏というくらい、近年のポイントブームの先駆け的存在です。

 

楽天SPUでお得にポイント還元率を上げる方法やコツを解説するので参考にしてください。

 

楽天SPUとは

楽天SPUとは

 

  • 獲得ポイントの種類と上限
  • ポイント付与日と有効期限
  • 対象サービスと達成条件

 

楽天のサービスを利用して一定条件をクリアすると、楽天市場での買い物でもらえるポイント倍率がアップします。

 

【楽天経済圏のサービス】

  • ショッピングサイト:楽天市場
  • クレジットカード:楽天カード
  • スマホ決済:楽天ペイ
  • モバイル通信:楽天モバイル
  • ネット回線:楽天ひかり
  • インフラ:楽天でんき・楽天ガス
  • 銀行・証券:楽天銀行・楽天証券
  • ふるさと納税:楽天ふるさと納税
  • フリーマーケット:楽天ラクマ
  • 旅行:楽天トラベル

 

楽天SPUは楽天会員であれば対象者で、プログラムのエントリーなど特別な手続きは必要ありません。

 

獲得ポイントの種類と上限

楽天SPUで獲得できるポイントの種類は『期間限定楽天ポイント』で、獲得ポイントの上限は各SPUによって異なります。

 

たとえば、楽天モバイル契約のSPUはポイント上限が2,000に設定されています。

 

獲得ポイントの上限は頻繁に変更されてきているため、年に1回はチェックしておきましょう。

 

各SPUのポイント倍率と獲得上限ポイントは楽天SPU公式ページで確認することができます。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

 

ポイント付与日と有効期限

ポイント付与日と有効期限は、各サービスを利用したタイミングによって決まります。

 

おおまかには、サービスを利用した翌月の15日頃に付与されますが、付与タイミングが多少ズレることもあります。

 

ポイント有効期限は約1ヶ月半しかないので、失効する前に使い切ってしまうようにしましょう。

 

期間限定楽天ポイントの使い道は別ページで解説しているので参考にしてください。

 

対象サービスと達成条件

SPU達成に必要な対象サービスと達成条件は次の表の通りです。

 

対象サービス 倍率 達成条件
基本ポイント 1倍 楽天会員
楽天モバイル +4倍 楽天モバイル契約
楽天モバイルキャリア決済 +2倍 月2,000円以上の支払い
Rakuten Turbo/楽天ひかり +2倍 楽天ひかり契約
楽天カード通常分 +1倍 楽天カードで楽天市場利用
楽天カード特典分 +1倍 楽天カードで楽天市場利用
楽天銀行+楽天カード +0.5倍 楽天銀行からカード利用分引落し
楽天証券 投資信託 +0.5倍 当月合計30,000円以上のポイント投資
楽天証券 米国株式 +0.5倍 当月合計30,000円以上のポイント投資
楽天ウォレット +0.5倍 合計30,000円以上暗号資産現物を購入
楽天トラベル +1倍 月1回5,000円以上利用
楽天ブックス +0.5倍 月1回1,000円以上注文
楽天Kobo +0.5倍 月1回1,000円以上注文
楽天Pasha +0.5倍 合計100ポイント以上獲得
楽天Fashionアプリ +0.5倍 月1回以上お買物
楽天ビューティ +0.5倍 月1回3,000円以上利用

 

SPU対象サービスと達成条件頻繁に変更されてきているため、年に1回は楽天公式ページをチェックしておきましょう。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

 

楽天SPUの攻略ガイド

楽天SPU攻略ガイド

 

  • 楽天会員(+1倍)
  • 楽天カード利用(+2倍)
  • 楽天銀行+楽天カード利用(+0.5倍)
  • 楽天モバイル(+4倍)
  • 楽天トラベル(+1倍)
  • 楽天ブックス(+0.5倍)
  • 楽天Kobo(+0.5倍)
  • Rakuten Fashionアプリ(+0.5倍)
  • 楽天ビューティ(+0.5倍)
  • Rakuten Turbo/楽天ひかり(+2倍)
  • 楽天モバイルキャリア決済(+2倍)
  • 楽天証券投資信託(+0.5倍)
  • 楽天証券米国株式(+0.5倍)
  • 楽天ウォレット(+0.5倍)
  • 楽天pasha(+0.5倍)

 

2023年時点では、楽天SPUの対象サービスは全部で15種類あります。

 

楽天の各種サービスを使えば使うほど、もらえるポイント倍率がアップしていく仕組みです。

 

しかしながら、ポイント目的でサービスを利用すると余計な出費が発生する可能性があるので、自分にとって最適なサービスを使ってポイントアップを目指すべきです。

 

楽天会員(+1倍)

楽天会員に登録するとポイント倍率がが+1倍になります。

 

楽天会員登録してなくても楽天市場で買い物ができるのですが、買い物をする度に住所や氏名の入力が必要だったり、楽天ポイントが付与されなかったりします。

 

特別な理由がない限り、無料で楽天会員登録しておくことをオススメします。

 

楽天会員登録のやり方は別ページで解説しているので参考にしてください。

【3分完了】楽天の無料会員登録手順を画像つきで分かりやすく解説

 

楽天カード利用(+2倍)

楽天市場の決済で楽天カードを使用するとSPU+2倍が加算されます。

 

楽天カードの基本情報は以下の通りです。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Express
ポイント還元率 1%~
家族カード 無料
電子マネー機能 楽天Edy

 

楽天市場で買い物をする時は楽天カードで決済するのがお得なので、楽天市場の利用を考えている人は楽天カードを発行しましょう。

 

楽天銀行+楽天カード利用(+0.5倍)

楽天銀行で楽天カードの引き落としをするとポイント倍率が+0.3倍になります。

 

サービス名 楽天銀行+楽天カード
達成条件 楽天銀行の口座から楽天カード利用分引落しで+0.3倍
楽天銀行で給与等の受取りで+0.2倍
ポイント倍率 最大+0.5倍
付与対象金額 楽天市場でのカード利用額
ポイント付与日 翌々月15日
月間獲得上限 1,000ポイント

 

楽天銀行で給与・賞与・年金のいずれかを受け取る設定をすると、ポイントが+0.2倍アップされてポイントが+0.5倍になります。

 

楽天モバイル(+4倍)

楽天モバイル(Rakuten最強プラン)を契約するとポイント倍率が+4倍になります。

 

サービス名 楽天モバイル
達成条件 楽天モバイル契約
ポイント倍率 Rakuten最強プラン契約で+4倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 2,000ポイント

 

楽天モバイルは、楽天ポイント(通常・期間限定)でも料金の支払いができます。

 

日常的に楽天サービスを利用する人であれば、毎月の料金を期間限定の楽天ポイントで支払うことでお得になります。

 

楽天トラベル(+1倍)

楽天トラベルで1回税込5,000円以上の予約をして予約の翌々月末までに旅行をすると、予約した月のポイント倍率が+1倍になります。

 

サービス名 楽天トラベル
達成条件 月1回5,000円以上予約して利用
ポイント倍率 +1倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 旅行月の翌月15日
月間獲得上限 1,000ポイント

 

楽天トラベルとは、国内トップクラスの登録施設数を誇る国内最大級の旅行予約サイトです。

 

実店舗を持たずにインターネットのみの事業展開で、国内の大手旅行会社を抑えて売り上げランキング上位に位置しています。

 

楽天ブックス(+0.5倍)

楽天ブックスで1回3,000円買い物をするとポイント倍率が当月+0.5倍になります。

 

サービス名 楽天ブックス
達成条件 1回3,000円以上の買い物
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 500ポイント

 

楽天ブックスは、楽天が運営する日本最大級のオンライン書店で、本・CD・ゲームなど幅広い商品が販売されています。

 

楽天ブックス独自のポイントキャンペーンも複数開催されているので、楽天ポイントが貯めやすくなっています。

 

楽天Kobo(+0.5倍)

楽天Koboで1回3,000円買い物をするとポイント倍率が当月+0.5倍になります。

 

サービス名 楽天Kobo
達成条件 1回3,000円以上の買い物
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 500ポイント

 

楽天Kobo独自のポイントキャンペーンも複数開催されているので、楽天ポイントが貯めやすくなっています。

 

Rakuten Fashionアプリ(+0.5倍)

Rakuten Fashionアプリで月1回1注文5,000円以上買い物をするとポイント倍率が当月+0.5倍になります。

 

サービス名 Rakuten Fashionアプリ
達成条件 1回5,000円以上の買い物
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 1,000ポイント

 

Rakuten Fashionアプリから購入することが条件になっているので間違えないようにしましょう。

 

楽天ビューティ(+0.5倍)

楽天ビューティで3,000円(税込)以上の美容室やマッサージサロンのネット予約&施術完了で、ポイント倍率が当月+0.5倍になります。

 

サービス名 楽天ビューティ
達成条件 月1回3,000円以上利用
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 予約申込み月の買い物金額
ポイント付与日 施術完了月の翌月15日
月間獲得上限 500ポイント

 

電話予約やクーポン割引後の金額が2,999円以下になる場合はポイント対象外となっています。

 

Rakuten Turbo/楽天ひかり(+2倍)

Rakuten Turboまたは楽天ひかり契約者はポイント倍率が+2倍になります。

 

サービス名 Rakuten Turbo/楽天ひかり
達成条件 Rakuten Turboまたは楽天ひかり契約
ポイント倍率 +2倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 1,000ポイント

 

Rakuten Turboは、コンセントに指すだけで使えるようになる回線工事不要のWi-Fiルーターです。

 

楽天モバイルキャリア決済(+2倍)

楽天モバイルキャリア決済(Androidのみ)を当月合計2,000円(税込)以上利用するとポイント倍率が+2倍になります。

 

サービス名 楽天モバイルキャリア決済
達成条件 月2,000円以上の料金支払い
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 5,000ポイント

 

楽天モバイルキャリア決済は、携帯電話の利用料金にキャリア決済を利用した取引の代金を上乗せして支払う決済方法です。

 

アプリの購入や課金だけではなく、毎月一定額が発生するサブスクサービスへの支払いにも対応してます。

 

楽天証券投資信託(+0.5倍)

楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定して、当月合計30,000ポイント以上のポイント投資(投資信託)でポイント倍率が+0.5倍になります。

 

サービス名 楽天証券 投資信託
達成条件 当月合計30,000ポイント以上のポイント投資(投資信託)
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 注文月の翌月15日
月間獲得上限 2,000ポイント

 

楽天証券のポイントコースを『楽天スーパーポイントコース』に設定することが条件です。

 

楽天証券米国株式(+0.5倍)

楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定して、当月合計30,000ポイント以上のポイント投資(米国株式)でポイント倍率が+0.5倍になります。

 

サービス名 楽天証券 投資信託
達成条件 当月合計30,000ポイント以上のポイント投資(米国株式)
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 注文月の翌月15日
月間獲得上限 2,000ポイント

 

楽天証券のポイントコースを『楽天スーパーポイントコース』に設定することが条件です。

 

楽天ウォレット(+0.5倍)

当月に合計30,000円以上暗号資産現物を購入(ポイント交換含む)するとポイント倍率が+0.5倍になります。

 

サービス名 楽天ウォレット
達成条件 暗号資産現物取引で合計30,000円以上購入
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場でお買い物金額
ポイント付与日 注文月の翌月15日
月間獲得上限 1,000ポイント

 

楽天ウォレットの口座を開設して、専用アプリをダウンロードして、現物取引で合計30,000円以上購入することで条件を満たせます。

 

楽天pasha(+0.5倍)

Rakuten Pashaの『トクダネ』で合計300ポイント以上獲得して『きょうのレシートキャンペーン』にて10枚以上レシートが審査通過すると、ポイント倍率が+0.5倍になります。

 

サービス名 Rakuten Pasha
達成条件 「トクダネ」で当月300ポイント以上獲得
「きょうのレシートキャンペーン」で10枚以上レシートが審査通過
ポイント倍率 +0.5倍
付与対象金額 楽天市場での買い物金額
ポイント付与日 翌月15日
月間獲得上限 1,000ポイント

 

『きょうのレシートキャンペーン』は「らくらく申請」には対応していません。

 

楽天市場での買い物はポイントサイト経由がお得

楽天市場での買い物は多くのポイントサイトで1%還元されます。

 

それぞれのポイントサイトで独自のボーナスキャンペーンが用意されていますが、楽天市場広告の基本的なポイント還元率は1%が主流です。

 

ネットショッピングは『お買い物あんしん保証』が整備されている【ハピタス】経由に統一しておいたほうが無難です。

 

ハピタスで貯めたポイントは、会員ランク次第では5%上乗せさせた状態で電子マネーなどに交換することができます。

 

さらに、ポイント交換増量キャンペーンも頻繁に開催されているので1ポイントあたりの価値は高いです。

 

ネットショッピングをする際はとりあえずハピタスを経由させておけばポイントが貯まりやすくなります。

 

ハピタスに無料会員登録する方法

当ブログでおすすめしているポイントサイト【ハピタス】の会員登録がまだの人は、まずは無料会員登録を済ませてしまいましょう。

 

ハピタス登録はメールアドレスと電話番号さえあれば1分で完了します。

 

電話番号がなくても会員登録をすることはできますが、そのままではハピタスで貯めたポイントを交換できなくなっています。

 

秘密の質問とその回答を設定すればポイント交換が可能になります。

 

ハピタス登録に必要なものは以下の1つです。

  • メールアドレス

 

ハピタスに登録する手順は以下の3ステップです。

  • ハピタスサイトを開く
  • メールアドレスとパスワードを入力する
  • 会員登録情報を入力する

 

まずはパソコンかスマホで以下の登録バナーを押しましょう。

 

▼ハピタス登録はこちらからどうぞ▼

 

上記バナーからの登録でキャンペーンポイントの獲得チャンスを得られます。

 

移動したハピタスサイトの会員登録ページにある『会員登録する』ボタンを押して、ハピタスの会員登録を済ませましょう。

 

 

移動したハピタスサイトの会員登録ページにある『会員登録する』ボタンを押して、ハピタスの会員登録を済ませましょう。

 

QRコード読み取りで登録が完結することを紹介しているブログもありますが、ハピタスオリジナルの登録QRコードは存在しません。

 

たとえQRコードを読み込んでも必要項目を入力する必要があります。

 

ハピタス会員登録の詳しいやり方は別ページで解説しているので参考にしてください。

 

▼ハピタス無料会員登録のやり方はこちら▼

 

楽天カードの特徴

楽天カードの特徴は以下の通りです。

項目 内容
年会費 無料
国際ブランド MasterCard/VISA/JCB
基本還元率 1% ※楽天市場で2%以上
ポイント 楽天ポイント
付帯保険 海外旅行保険 最高2,000万円
締め日・引き落とし日 月末締め・翌月27日払い(27日が土・日・祝日の場合は翌営業日)

 

楽天市場での買い物は楽天カード決済で+2%になります。

 

楽天モバイルユーザーや日常的に楽天市場を利用している人にとってはほぼ必須の一枚です。

 

楽天カード公式サイトの特典

楽天カード公式では入会キャンペーンが頻繁に実施されており、新規でカード発行してからカードを利用すると合計5,000~10,000円分の楽天ポイントがもらえます。

 

 

特典内容 獲得できる楽天ポイント
楽天カード新規入会 2,000円分
カード初回利用 3,000円分

 

楽天カードが到着したあとに楽天e-NAVIに登録することで約1週間後に楽天ポイントが付与されて、楽天カードで買い物をすると翌月20日頃に楽天ポイントが付与されます。

 

ポイントサイトを経由した時にもらえるポイントサイトのポイントと併用してもらえるのでポイント二重取りになります。

 

楽天カード特典アップを待つのも手段の一つですが、そのタイミングでポイントサイトのポイントがアップしているとは限りません。

 

楽天カード特典+ポイントサイトポイントで合計15,000円分もらえるのであれば大チャンスです。

 

楽天SPU攻略まとめ

楽天SPU攻略まとめ

 

  • SPU攻略のコツ1:楽天サービスを日常的に利用する
  • SPU攻略のコツ2:楽天セール時期にサービスを利用する
  • SPU攻略のコツ3:費用対効果を考えてサービスを利用する

 

楽天SPUは、楽天の各種サービスの利用によって楽天市場の買い物による獲得ポイントがアップする仕組みです。

 

日常的に楽天のサービスを使っていれば、SPUを意識することなく還元率がアップします。

 

いくら還元率が高くてもそのために不要なサービスを申し込むのは本末転倒なので、費用対効果を考えてサービスを利用するようにしましょう。

 

▼ハピタス登録はこちらからどうぞ▼