電子マネーカード『nanaco』で電車に乗れるのかどうか解説

nanacoカードで改札口をタッチすれば電車に乗れるのかどうか気になる人もいるかと思います。

 

結論から言ってしまうと、nanaco支払いには対応しておらず電車に乗ることはできません。

電車に乗る時に何かしらのカードを改札にタッチしているので乗車できそうな雰囲気はありますが、今のところはnanacoでの支払いには対応していないようです。

 

nanacoカードはセブン&アイグループが発行している電子マネーです。

 

コンビニ等で利用することができ、レジモニターにタッチするだけでチャージした中から支払いができるので小銭が必要なく、さらにnanacoポイントも貯まるというオトクなカードです。

 

各種税金支払いにも使えるため、すでに持っている人も多いのではないでしょうか。

 

nanacoは電車で使える?

nanacoで駅の改札機にタッチをしても何も反応せず、もしくはエラーが起きてしまうため改札ゲートは絶対に開きません。

 

通行系ICカードではないnanacoカードのシステムでは、改札機を通れるような内容になっておらず、支払いを行うことができないからだと思われます。

nanacoでも改札機を通れそう感はあるのですが今のところは未対応です。

 

様々な電子マネーが登場してきており、どれも同じような形をしているので一見中身も同じだろうと思いがちですが、電車に乗ることができる電子マネーは交通系ICカードだけです。

 

急ぎで電車に乗る場合に備えて、所持している電子マネーが改札機に対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

 

電車に乗れる電子マネー(交通系ICカード)

 Suica  PASMO
 ICOCA  PiTaPa
 Kitaca  TOICA
 manaca  nimoca
 SUGOCA  はやかけん

 

今後さらに増える可能性がありますが、今のところは上記の10種類が電車に乗れる電子マネーです。『Suica』『ICOCA』は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

SuicaやPASMO等はクレジットカードとヒモ付けするとオートチャージが可能なので、券売機でチャージしなくてもスムーズに改札を通ることができます。

 

ちなみに、これらの通行系ICカードのマークが券面にデザインされているクレジットカードであれば、改札機にタッチするだけで改札を通れます。

 

電車に乗れない電子マネー

 nanaco  WAON
 iD  QUICKPay
 Edy  楽天Edy
 au WALLET  その他

 

nanacoはもちろんのこと、通行系ICカード以外の電子マネーでは電車に乗ることができません。

 

駅の中にあるセブンイレブンでの支払いにnanacoを使うことはできますが、電車賃の支払いには対応していないので使えなくなっています。

 

様々な企業から電子マネーが登場してしまったため使い分けか面倒なことになり、財布がカードの類いでパンパンになっている人をよく見かけます。

 

ちなみに、nanacoカードが使える店は以下のリンクで調べることができますよ。

nanacoが使えるお店一覧

 

nanacoカードで税金・公共料金支払いも可能

nanacoは、事前にチャージ(入金)をしておけば支払い時に利用することができる電子マネーです。セブン‐イレブンやイトーヨーカドーはもちろん、全国70万店舗以上で利用可能。

 

それだけではなく、住民税や自動車税等の支払いにも利用することができる超優秀なポイントカードです。

 

nanacoで税金を支払う場合はnanacoポイントの付与対象外になりますが、さすがに税金支払いにまでポイント還元は必要ないと割り切れるのではないでしょうか。

 

nanacoを改札口にかざしても電車に乗れませんが、税金支払いに利用できるので財布に入れておきたい1枚。

 

セブンイレブンやイトーヨーカドー等で、発行手数料300円で手に入れることができます。

 

ハピタス経由で『セブンカード・プラス』を発行するとお得

セブンカード・プラスは、電子マネー『nanaco』にオートチャージすることができ、年会費は永年無料かつ高校生を除く18歳以上であれば申し込み可能なクレジットカードです。

 

nanacoを発行して利用したいと考えているのであれば、セブンカード・プラスはオトク度的にはほぼ必須と言えます。

 

セブンカード・プラスの発行手数料と年会費は無料。

 

既にnanacoカードを持っている人は紐づけ型のセブンカード・プラスにしても良いし、これからnanacoカードを発行しようとしている人であれば一体型を選ぶのもアリ。

 

セブンカード・プラスを発行しようと考えている人は、ポイントサイト【ハピタス】を経由させてお得にポイントをゲットしましょう。

 

詳しくは以下のページで解説しているので参考にしてみてください。

【nanaco用にセブンカード・プラス】お得に作る方法や審査基準を解説

 

nanacoを無料で手に入れる方法

年会費と発行費が無料のセブンカード・プラスを作ればnanacoが付いてくるため、発行に300円必要であるnanacカードを無料で手に入れたと同様です。

 

他にも無料でnanacoを発行する方法があり、クレジットカードを発行する以外の方法も羅列しておきます。

 

nanacoカードを無料で手に入れる方法
  • セブンイレブンのキャンペーン時に発行
  • 8の付く日にイトーヨーカドーで発行
  • nanacoモバイルアプリを利用
  • セブン銀行デビットカードを利用

 

nanacoポイントの有効期限

nanacoポイントの有効期限は、当年の4月1日〜翌年3月末までに付与されたポイントは翌々年の3月31日になります。

 

最長でもポイント有効期限が2年間となっており、有効期限は長くはないためポイントを失効させてしまわないように注意が必要です。

 

ポイントの有効期限は、nanacoを利用した際のレシートやWEBサイトの自身のnanacoアカウントで確認することができます。

 

nanacoポイントは多種多様な税金を支払うことが可能になっているので、定期的に発生する税金をnanacoで払うようにすればうっかり失効させずにすむと思います。

 

nanacoのお得な貯めかた

セブンカード・プラスの利用金額200円ごとに1円分のnanacoポイント貯まります。nanacoポイントは1ポイント1円分のポイントとして利用可能。

 

さらに、対象店舗でセブンカード・プラスを利用するとnanacoポイントが2倍貯まります。

 

主なnanacoポイント2倍店舗
  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • YORK FOODS
  • エネオス
  • 西武・そごう
  • デニーズ
  • セブンネットショッピング
  • ビックカメラ
  • Ario

 

nanacoポイントが2倍貯まる店で買い物をすれば、お得にポイントを貯めることができます。

 

他にも裏技として、ポイントサイトで貯めたポイントをnanacoポイントに交換するやりかたもあります。

【ハピタス】ポイントを交換できる最低換金額までの貯め方・使い方

 

 

nanacoでは電車に乗れない

  • nanacoでは電車に乗れない
  • 電車に乗ることができるのは交通系ICカード
  • 時代はキャッシュレスではなくカードレスに移行すべき
  • nanacoは住民税や自動車税等の支払いにも利用可能
  • nanacoチャージ用にセブンカード・プラスを発行すべき
  • ハピタス経由でセブンカード・プラスを発行するとお得

 

セブンカード・プラスを発行することによって貰えるハピタスポイントと入会特典が魅力的なので、もし興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

▼ハピタス無料会員登録のやりかたはこちら▼

【ハピタス】SMS・電話番号認証なしで新規会員登録する方法・やり方