楽天カード支払分を楽天ポイントで払えるサービス

2018年9月から、楽天カードでの月々の利用分を楽天ポイント(通常ポイントのみ)で支払うことができる『楽天カード ポイントで支払サービス』が開始しています。

 

期間限定楽天ポイントは支払サービスに使うことができないのは残念ですが、通常楽天ポイントの有効な使い道の選択肢が広がりました。

 

1回の手続きにつき50~500,000ポイントまで楽天ポイントで充当することができます。

 

楽天ポイントで支払える
  • ダイヤモンド会員:1カ月につき50万円分まで
  • それ以外の会員 :1カ月につき10万円分まで

 

楽天市場で商品を購入する時にもらった楽天ポイントを楽天カード支払い分として使うことができます。

 

楽天ポイントの使い道に困った場合は、第一に利用したい優秀なサービスです。

 

このページでは、実際に楽天ポイントを楽天カード支払い分に充当する方法を解説していきます。

 

ポイントで支払いサービスのサービス内容

 

  • 利用受付期間  :毎月12~20日22時
  • 手続き方法   :楽天e-NAVIでの操作
  • 利用可能ポイント:通常ポイントのみ
  • 申込可能回数  :月最大5回まで
  • ダイヤモンド会員:1カ月あたり500,000ポイントまで使用可能
  • それ以外の会員 :1が月あたり100,000ポイントまで使用可能
  • 対象外請求   :カードキャッシングの融資金および利息

 

申込期間
  • ポイントで支払いサービスは毎月12~20日の22時の間に5回まで申込可能

 

 

期間限定ポイントは使えない

利用可能ポイントの種類は通常ポイントのみとなっているので、期間限定ポイントで充当することはできません。

 

しかし、通常ポイントを貯める方法は数多くあるので、これはかなり使えるサービス内容なのではないでしょうか。

 

期間限定ポイントの代表的な使い道は以下の通り。

  • 楽天ペイでセブンイレブン・ローソン・ファミマ等で使う
  • 楽天ポイントカードで実店舗で使う
  • 楽天市場、楽天ブックス、kobo等で使う
  • ラクマで使う

 

楽天市場で楽天ポイントを使うと損する

楽天市場での注文画面で楽天ポイントを使用しようとすると、買い物による獲得予定ポイントが減ってしまいます。

 

楽天市場での買い物による獲得ポイントの算定には、楽天カードで支払う額等が含まれているからです。

 

詳しくは別ページで解説しているので参考にしてみてください。

【悲報】楽天市場で楽天ポイントを使うと損!無駄にしない使い方を解説

 

ポイントで支払いサービスのメリット

ポイントで支払いサービスのメリットは以下の通りです。

  • 楽天カード支払い分をポイントで支払いできる
  • ポイントでお支払いした分もポイント還元される
  • ポイントでお支払いした分は現金を手元に残せる
  • 楽天ポイントの使い道に困らない

 

楽天カードに支払を集中させておき、貯まった楽天ポイントを使って引き落とし金額分を減らすことができるので、お金を手元に残せるためお得感があります。

 

ポイントで支払いサービスは手数料等が一切かからないため、自身が貯めた楽天ポイントが多ければ多いほど支払い分と相殺できるので便利です。

 

楽天カード必須

ポイントで支払いサービスを利用するには、もちろんのことながら楽天カードを作って楽天カードで支払うことが前提になります。

 

楽天カードを作る際は、ポイントサイトに掲載されている楽天カード広告を経由させると数千円分のポイントサイトのポイントを獲得することができます。

【8月最新版】楽天カード発行で合計7000ポイント以上もらい方【2021年】

 

楽天カードをお持ちでない方で今後楽天カードを作ることを検討されているのであれば、ポイントサイトを経由させて高額ポイントをゲットしてしまいましょう。

 

クレジットカードの発行申込をする際には、カード会社側で発行審査が行われます。

 

少しでも審査に通る可能性を高めるために、以下のページを参考にしてみてください。

【楽天カード】審査落ちする5つの理由や原因と今後の解決策を解説

 

楽天カードの発行審査基準は他のクレジットカードと比べて緩めとされているので、毎月一定額の収入があれば過去に支払滞納を連発していたり借金を抱えていない限り大丈夫だと思います。

 

楽天e-NAVIで楽天カード支払い分を楽天ポイントで支払う手順

まずは『楽天e-NAVI』を開いてログインします。

楽天e-NAVI

 

楽天e-NAVIのトップページにあるメニュー一覧から『お支払い(ご利用明細)』にカーソルを合わせるとさらにメニュー一覧が表示されるので、その中から『ご利用明細』を選択します。

 

『ご利用明細』を選択すると、支払予定金額や支払日が表示されます。

 

自身の明細を確認し終えてから、右側にある『ポイントで支払いサービス』を選択します。

 

自身の保有楽天ポイント数が表示されるので、充当したい分のポイントを入力します。『全ポイントを使う』を押すと自動で全ポイント入力され、差し引き分が計算されます。

 

使用ポイント数を入力して支払予定金額が差し引かれたら『確認画面へ』を押し、申込後の支払い予定金額等を確認してから『申し込む』を押せば受付完了です。

 

登録メールアドレスに申請受付メールが届くので確認しておきましょう。

楽天カード支払い分の獲得楽天ポイントは充当前の金額から計算される

楽天ポイントを楽天カード支払い分に充当する方法は上記の通りになります。

 

今回約80,000円の支払いを15,000ポイント使って65,000円にまで減らしたわけですが、楽天ポイントで楽天カード払い分を充当してもカード利用獲得ポイントは充当前の金額から計算されます。

 

ポイント充当前の金額は約80,000円だったので、楽天ポイントで約15,000円分支払っても利用獲得ポイントは約800ポイントもらえます。

 

地味といえば地味ですがありがたいですよね。

 

ポイントで支払いサービスはお得

楽天市場では毎日数多くのポイントキャンペーンが開催されています。

 

それぞれのキャンペーンを利用して日々のお買い物を楽天市場に集中することで、どんどんポイントが貯まっていきますよ。

 

その貯まったポイントを使ってカード払い分を差し引くことができるのでかなりお得。

 

楽天市場で買物をする際は、ポイントサイト【ハピタス】を経由してから買物をするとさらにお得ですよ。

【ハピタス】SMS・電話番号認証なしで新規会員登録する方法・やり方