楽天カードの公共料金支払いが1%還元から0.2%還元に改悪

楽天カードによる公共料金支払い分のポイント還元率が、2021年6月から1%還元から0.2%還元に改悪変更されました。

 

月に3万円分の公共料金を楽天カードで支払っていた場合は、300ポイント還元から60ポイント還元になってしまいます。

 

0.2%還元に変更対象の事業者に『楽天でんき』『楽天ガス』の記載は無かったため、それらに関しては従来通り1%還元のままになります。

 

公共料金支払いを楽天カードで済ませている方にとっては痛い改悪になったのではないでしょうか。

 

クレジットカードで公共料金を支払うメリット

公共料金をクレジットカードで支払うメリットは以下の通り。

 

クレカ払いのメリット
  • ポイントが貯まる
  • 支払いが自動的
  • 支出管理が楽
  • 費用を準備する日がつくれる
  • 財布が軽くなる

 

支払い請求書が毎月家に送られてくることがなく、自動的にクレジットカードから引き落とされて、カードによってはポイントが貯まるというメリットがあります。

 

クレジットカードのポイント還元率は、主に0.5~1%に設定されています。

 

銀行口座から直接引き落とされるように指定しておくこともできますが、その場合だとポイント還元は期待できません。

 

振込用紙での現金払いや口座振替とは違って、クレジットカードでの支払いはポイントが貯まります。

 

楽天カードの公共料金支払い利用獲得ポイントの変更内容

<変更の対象となるご利用分>

・公共料金(電気、ガス、水道)
・税金(国税、都道府県税など)
・国民年金保険料
・Yahoo!公金支払い

<楽天ポイント進呈条件>

■変更前
100円ご利用につき1ポイント
■変更後
500円ご利用につき1ポイント
<適用開始日>

2021年6月1日
※楽天カードのご利用明細に記載のご利用日が6月1日以降のものが対象となります。

引用元:公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内

 

他のクレジットカードと比べて楽天カードはお得すぎただけに、この機会に他のカード利用を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

公共料金支払い改悪の対策

楽天カードによる公共料金支払い分のポイント還元率が、一部の除き2021年6月から1%還元から0.2%還元に改悪変更されています。

 

楽天カードは今までがお得すぎただけに、様々な支払いを楽天カードに統一していれば問題ない無双状態でした。

 

ですが、今回の改悪に伴い他カード利用も検討してみても良いかもしれません。

ヤフーカード(YJカード)の特典・審査やポイント還元率を解説【Yahoo!JAPANカード】

 

楽天カードがお得では無くなったわけではないので、完全に切ってしまうのはまだ早いと思います。

 

楽天のお得な部分はこれからも享受して、楽天よりもオトクなサービスは楽天以外で味わいましょう。

 

ポイント還元率が減った理由を考察

公共料金支払いのポイント還元率が減った理由は、モバイル事業の赤字を補填させるために他の楽天サービスを改悪して補おうとしているという噂があります。

 

楽天モバイルのサービスや料金設定は、他のモバイル会社と比べてもかなり力を入れているので、その分のツケが他の楽天サービスに回ってきているのかもしれません。

 

楽天ゴールデンイーグルスにマー君こと田中将大投手が復帰したことも少しは影響がありそうですね(2年契約で推定9億円)

 

このまま楽天低経済圏の改悪が続かないことを祈るばかりです。

 

SPU改悪の歴史

楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)が2018年が始まった時点では最大8倍でした。

 

2018年9月時点で最大15倍までアップしたことによって、SPUの活用方法次第ではAmazonやヤフーショッピングなどで買うよりもポイント込みで実質お得に商品を買えました。

 

2021年6月時点でも最大16倍にはなっていますが、達成条件が難しくなっており最大まで引き上げるとある意味損する仕様になっています。

 

【SPU改悪の流れ】

  • 楽天ブックス・Koboの倍率減少
  • 楽天市場アプリの倍率減少
  • 楽天トラベルの達成条件に金額指定
  • 楽天ビューティーの達成条件に金額指定
  • Rakuten Fashionの倍率減少と達成条件がアプリ限定
  • 楽天モバイルの倍率減少
  • 楽天保険の達成条件が月払いから年払い
  • 楽天TVが対象外
  • 楽天ゴールドカードが倍率減少
  • 楽天でんきが対象外

 

楽天経済圏の魅力がどんどん薄れていかないことを願うばかりです。

 

次に改悪される楽天サービスは何?

楽天モバイルや楽天証券などで楽天経済圏に参入する人がここ数年で増えてきている反面、改悪ラッシュで今までのユーザー離れも発生しています。

 

次に改悪される楽天サービスは、やはり『SPUのポイント倍率と達成条件』だと思われます。

SPU対象サービスの条件を達成すると楽天市場でのお買い物がポイントアップするプログラム

 

今までも、ポイント倍率が減少したり達成条件が困難になってきていますが、これからさらにポイントをもらう条件が難しくなってくるかもしれません。

 

このポイント達成条件はクリアするの無理でしょ的なやつが増えそうです…

 

ポイントサイト経由で補填

買い回りキャンペーンが改悪されることによって減ってしまうポイント分は、ポイントサイトを利用して少しでも補填しましょう。

 

買い物前の一手間
  • 楽天市場で買い物をする前にポイントサイトに掲載されている楽天市場広告を経由すれば、ポイントサイトのポイントを獲得することができる

 

ポイントサイトで獲得したポイントは、現金や電子マネー等に交換することができるので使い道に困ることはありません。

 

無料&短時間で登録することができ、スマホから登録するとSMS・電話認証が不要なので簡単です。

【ハピタス】SMS・電話番号認証なしで新規会員登録する方法・やり方

 

楽天改悪祭りはいつまで続くのか

楽天経済圏のサービスを利用している人にとっては痛恨の改悪祭りが続いています。

 

このところ楽天経済圏の魅力が下がる制度変更が相次いでいますが、まだまだこの流れは続きそうです。

 

それでもまだまだ楽天サービスがお得なのは間違いありませんが、今後もこの改悪が続いてしまうとコスパが悪くなってしまう可能性があります。

 

今までがユーザーに有利なサービス体制だっだたけに残念ではありますが、楽天に依存しすぎることなく新たなお得サービスに乗り換えられるように準備をしておく必要がありそうです。

 

▼ハピタス登録はここからがお得▼