【衝撃の事実】楽天カードの発行審査に落ちる理由や原因とは

クレジットカードを発行する際には、ほぼ全てのカード発行時に審査があります。

 

楽天カードは、数種類あるクレジットカードの中でも審査が緩いことで有名ですが、かといって誰でも必ず審査に通るわけではありません。

 

楽天カードの審査に落ちてしまった場合は、他のクレジットカードの発行審査でも落ちる可能性があるので、審査に落ちる原因やパターンを知っておきましょう。

 

このページでは、楽天カードの発行審査に落ちるかもしれない場合の考えられる理由と、今後の解決策を紹介・解説していきます。

 

楽天カードを申し込む前にチェックしておきましょう。

 

楽天カードの審査は厳しい?甘い?

すべてのクレジットカードの審査基準は公開されていません。

 

楽天カードの審査基準も非公開となっているため、作れるかどうかはカード会社側の判断によります。

 

しかし、これから紹介するパターンに当てはまっていないのであれば、楽天カード申込審査に受かる可能性は高いと考えます。

 

数あるクレジットカードの中でも、楽天カードは申し込みのハードルが低いとされていることもあり、特に問題がなければスムーズに発行できると思います。

 

信用情報に問題がある人や、多重申し込みをした人や、虚偽の申請を行った人は審査落ちする可能性が高いと言い切れます。

 

楽天カード審査に通りやすくする裏技

楽天カードの発行審査に通りやすくする裏技があります。

 

これから紹介する審査に落ちやすくなるパターンに果ては待っていないことが前提になりますが、事前に試しておいて損はないやり方です。

 

楽天フル活用
  • 楽天サービスを積極的に利用すると楽天カード発行に有利

 

楽天カードを発行する前から楽天サービスを積極的に利用しておくことで、楽天カード発行が有利に働くかもしれません。

 

楽天カード発行を申し込む前に楽天アカウントを作っておき、様々な楽天サービスをお試し利用してみてはいかがでしょうか。

【3分完了】楽天の無料会員登録手順を画像つきで分かりやすく解説

 

審査落ちパターン1:他社のクレジットカード発行審査にも落ちている

楽天カードの発行申込を行なう日から6カ月以内に、他社のクレジットカードの発行審査に落ちてしまっている場合、楽天カードの審査も落ちる可能性が高いです。

 

各カード会社は信用情報機関を通じてデータが共有されるので、審査に落ちた後に他社のクレジットカード発行申込を行なっても審査通過は難しいと言わざるをえません。

 

データ共有
  • 他のクレジットカードに審査落ちした場合は楽天カードの審査も落ちる可能性大

 

過去6カ月以内に他社で発行審査に落ちたという経歴がある場合は、6ヵ月間以上の期間を空けてから再び申し込んでみましょう。

 

審査落ちパターン2:収入(会社の給料等)が少なく支払能力が低い

クレジットカードの審査に通るためには、会社の給与等で一定の金額を稼いでいる必要があります。

 

無職で収入源が無い方であっても審査に通る可能性はゼロではありませんが、そういった場合で審査に通過するには自分以外の家族(配偶者)が主な収入源として申し込みましょう。

 

アルバイトやパートの方でも審査を通過することは可能ですが、月10万円程稼げていない場合は苦しいかもしれません。そのへんの審査基準はカード会社によりけりです。

 

ちなみに私は、20代前半の時に年収200万円弱(派遣社員)で審査に通過しました( ̄д ̄)

 

やはり、安定した職業に就いていて年収が多く勤続年数が長いほど審査に有利なのは間違いありません。

 

審査落ちパターン3:過去に支払い滞納の経歴あり

携帯料金や電気代等の料金支払いを滞納してしまうと、『信用情報機関』に滞納履歴が保管されてしまいます。

 

クレジットカード利用で滞納をしてしまっている場合も同様。

 

支払滞納
  • 過度に支払滞納を繰り返してしまうと、5~10年間は信用情報機関にブラックとして保管されてしまう模様

 

信用情報にキズがついている場合、返済能力が無いと判断されて審査に通りにくくなります。

 

ブラックとして登録されてしまっているほどのパターンであれば、クレジットカードの審査通過は絶望的でしょう。

 

審査落ちパターン4:借り入れ(借金)がある

先ほどのパターン3のケースとほぼ同様ですが、他社から借り入れがある場合はクレジットカード発行審査に影響が出ます。

 

パターン3との違いとしては、遅延や滞納が無い場合でも影響が出るとされています。

 

自転車操業
  • 借金を返すためにクレジットカードを欲していると判断されると審査に落ちる

 

借金の金額が大き過ぎたり借入件数が多い場合は、金融機関からの信用を失っていると思っておきましょう。

 

審査落ちパターン5:クレジットカードを同時期に複数枚申し込む

何かしらのクレジットカードに申し込むと、信用情報機関に『申込履歴』が保存・蓄積されます。

 

クレジットカードを同時期に複数枚申し込むこと自体は、信用を失う情報として保存されませんが、同時期に複数枚申し込む動機をカード会社に怪しまれてしまいます。

 

いわゆる『多重申込』は、借金の返済等ですぐにでもまとまったお金が必要だから大量にクレジットカードを欲しているとカード会社に判断される可能性が高く、審査に通りにくくなります。

 

作りすぎ厳禁
  • 何枚以上で『多重申込』と判断されるかの基準はカード会社によるが、短期間(6カ月以内)に3枚以上申し込むのはよろしくない

 

クレジットカードの発行申込を行なったという情報は信用機関に6カ月間保存されるので、半年以上の期間を開けてから次カードの発行申込を行なうようにしましょう。

 

楽天カードの審査落ちの5つの理由まとめ

 

楽天カード

年会費 無料
基本還元率 通常:1%
楽天市場:3~10%以上
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 500円(税別)
※会員ランクにより無料
家族カード 無料

 

楽天カードの発行審査に落ちてしまった場合は、パターン1~5のどれかに当てはまっている可能性があります。

 

  1. 他社クレジットカード発行審査に落ちた
  2. 年収が低い(100万円以下)
  3. 過去に支払滞納をした(携帯電話・電気代・年金等)
  4. 多額の借金持ち
  5. 同時期に複数枚クレジットカード発行申込をした

 

ポイントサイト経由で楽天カードを発行するとお得

上記の1~5のパターンを理解・解決したうえで発行申込をすれば、審査に通過する可能性は高くなると思います。

 

発行審査に落ちやすくなる全てのパターンに1つも当てはまっていないという方や、以前は当てはまっていたものの現在はホワイトという方は、ポイントサイト経由で楽天カードを新規発行されてみてはいかがでしょうか。

 

楽天カードの作り方の流れと申込手順は以下のページで解説しているので参考にしてみてください。

【クレカ発行初心者向け】楽天カードの作り方とお得な申し込み方法

 

数多くあるクレジットカードの中でも、特に楽天カードは発行による報酬額が非常に優秀。

 

ポイントサイトを経由してから楽天カードを発行すれば、時期によっては5千円以上のポイントを獲得することができますよ。

※獲得ポイント数は時期によって変動します

 

▼ハピタス登録はここからがお得▼